今のうちに知っておくべき接客分析のこと

2016年3月26日

UNITE 接客分析勉強会

最近はHPやブログに加えて、twitter や facebook など

個人が手軽に扱える ソーシャルメディア の普及で
情報の拡散が急速に広がり、また共有されるようにもなってきました。

こうしたツールの活用にはアウトプットが欠かせないものですが
ネットマーケティングには、コンテンツが重要だと 前回 書いてみた。

また、もしこれらのツールを営業に活用するなら
その際に気をつけたいのが " 自己主張のしかた " です。

接客分析勉強会で 「 なるほど 」 と思った事がある。

あなたがもし、治療院の集客に HPやブログ.twitterなどを活用して
アクセスを集めたいとしましょう。 目的は集客! さて何をしますか?

SEO だとか、難しそうな事は抜きで考えてみて下さい。

おそらく、病気や治療に関連した話や内容を書くと思います。
だって治療院ですもの。

その割には治療院のブログって 「 ~ へ行ってきました! 」 「 何食べた! 」 
という内容が多くないでしょうか?

がっかりしてしまうのは、病気や症状に関係したタイトルでありながら
内容が乏しかったり、タイトルとは関係ない内容の記事だったりです。

アクセスを稼ぐには、それこそSEOやブログランキング
はては広告にお金をかけたりと、やり方は様々でしょうが

これでは来院に結びつかないのでは・・・

何故なら、症状に悩んでいる患者さんからすれば、不必要な情報だからです。

セールスが目的ならば、相手の要求にあわせた自分のコントロールが必要!

そうすることで成果につながるのだそうです。

インターネットって顔がみえないから、つい読み手を忘れて
自分の事ばっか書きたくなりますね!

気をつけなきゃと、勉強会で再確認できました。

また、自分のタイプ ( 特性 ) を認識した上で、相手とコミュニケーションを図ると
クロージングも上手にいくのだそうです。

接客分析card @UNITE

接客分析勉強会では、その人の傾向を4つのタイプに分類してあり
それぞれの特徴や傾向を教わりました。

持ち歩けるように、勉強会のお土産としてカードを作ってみましたよ。

さっそく、病院へ定期的に通われる初老の御婦人と会話中
「 画面を見て説明ばっかりで、こっちの顔なんてほとんど見ない 」 という話が・・。

多分、この方にとって " 難解な解説 " よりも、本人の努力が認められるような
“ 共感 " が欲しかったのではないかと。

こういう場合、接客分析すると " 直感タイプ " に当てはまります。

ちょっと話は飛びますが、TVの地域を紹介するコーナーをたまたま目にしたときでした。

そこには若い整骨院の先生が、" 気持ち悪い " ほどの笑顔で患者さんに接し
韓流ばりの眼差しで 「 うん うん 」 相槌をうっている映像が ・・・

えー! 今度の流行は整骨王子?

役者だな~なんて見てましたが、おいらが真似しても気持ち悪さが引き立つ
だけなので " 直感タイプ " に相性の良い方法で会話を進めてみました。

タイプ分析は、慣れるまではは対応を考えてしまう " 間 " が
できてしまったりするが

相手との会話で、自分を客観的に見れるのは良い事だと思います。

また逆もしかりで、曖昧な表現に納得しない人もいるし
コミュニケーションにはバリエーションを持つことが大切との事。

勉強会ではこれらを踏まえ、「 次回の予約は? 」 というお台で
問診 / 治療後のロールプレーイングを取り入れてみました。

接客分析勉強会ロールプレーイング

HPやブログの場合、一方向性の情報発信にないやすいので
臨機応変とはいきませんが、対象を想定して書く事が大事なようで

これだけは知っておきたい「マーケティング」の基本と常識―市場のつかみ方から価格戦略、広告戦略までが簡単にわかります!

これだけは知っておきたい「マーケティング」の基本と常識
市場のつかみ方から価格戦略、広告戦略までが簡単にわかります!

この手の専門書ってたくさんありますね。

今回ひょんなことから勉強会を企画してみましたが、マーケティングっておもしろい!
そう思う一方、相手( 患者さん ) からも常に見定められているのだと実感。

商売って、ここに気がつく事がはじまりなのかもしれませんね。

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪