「 現代鍼灸トーナメント 」 控え室から

2019年12月8日

現代鍼灸トーナメント 控え室

貧困との戦いで、お疲れ気味の末端鍼灸師です。
先日みた「 占い 」 に、自分を客観的に見つめ直そうてきな事が書いてありました …

まったく! 問診や検査に加え、施術しても尚患者さんからは

「 治療を受ければ改善するのが当たり前 」 と思われがちなのに

占いって、何を根拠に余計なお世話だ!  o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
 

とはいえ、当たるも八卦当たらぬも八卦の 「 診断 」 ですが
「 あそこの治療院はヨクナラナイ 」 …(-。-) ボソッっと

言われようものなら、悪評という伝染病がたちまち広まって
誰か救って下さい的な未来が予知できますので

すがる思いで 「 判別方法 」 に取り組む作戦で行きたいと思います!
 

また、誰にすがるかで今後いかに横着ができるか! その未来も変わってきますから
今回は 「 人体力学と鍼灸治療( 現在非公開:残念 )」 さんにあった

肩関節制限因子判別法 をポチっとフューチャー!

肩関節制限因子判別法

ふむ ふむ。 効率的ですなー

筋肉の作用を覚えると、こんなメリットがあるのですね!

鍼灸の学生さんは解剖生理学に加え、経絡や東洋医学の診断も勉強せなければ
なりませんからなにかと大変です!

しかし、鍼灸師さん以外の 「 医療従事者 」 や、アスリート等への説明など
コミュニケーションを図る際の 「 共通言語 」 としての解剖生理学ともなりますから

こうしたツールを活用して横着に磨きをかけていきましょう。
 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

良ろしかったらクリックお願いします♪
 

無駄なことは一切したくない 「 悟り世代 」 に一歩でも近づくために … 
更なる横着の高みを目指して … 次回へつづきます