末端鍼灸師の気になる症候群 「 天使のスペック 」

白衣の天使


もうすぐ春ですね。 いやもう春なのか?

最近の気候はどうも変で、頻繁に起こる地震といい
支離滅裂な印象ですが、もう稲作のシーズンです。

主食のお米って、天候に左右されますから
食の恵みは 神のおすそわけ というわけですな。

ありがたい (*´∀`*) … そう思いつつも
業務スーパーで売られる安米の価格にビビり、5キロ買ってしまいました。

おらって 「 無神論者? 」… 


安全な食は、知識として仕入れはできても、お金がないと消費はできませんね。 
あー悲しい。 添加物に汚染された末端鍼灸師なのです。


そんで、最近は諸事情あって稲作の会にお手伝いに
イケてませんのですが、この会は色々な職種の方がおいでになっていた。


神の使いと言えば ・・・ 「 天使 」。


男子諸君! もうお気づきだろうか  (n‘∀‘)η
白衣の天使、近代看護教育を受けた ナイちんガール達だ


なんで、ナイちんガール と ( 少数のアルちんボーイもいる ) は
白衣の天使と呼ばれているのだろうか?


オラが実感した 「 天使のスペック 」


そう、あれは大腰筋刺鍼の最中に感じた 「 看護師さんにムフフの巻き! 」 です。


稲作と言えば腰痛! そうでなくても筋肉痛!
それほど、ヌカった田んぼでの中腰作業というのはハードでして


田植え&腰痛

泥に足をとられながら、バランスを維持したり、腰を屈めて作業するにも
大腰筋を酷使しますし、一方では背中を伸ばす起立筋にも
負荷が掛かりっぱなしになる。

それで

あー ちかれた。 腰を伸ばそうとした時に 「 イタタ 」 ってなる。

だから末端鍼灸師としては、えらくコチコチな ( 収縮欲求をともなった )
大腰筋に 「 鍼の手応え 」 を感じる実験場として格好のラボという訳だ!


筋肉痛から早く回復できたら作業もはかどるし
色々な理由から試しによく鍼を刺していたのです。


そこへ集まってきた猫ノ門病院のナース御一行。

長い針を送り込むのをみて、大概は 「 キャー 」 と
なるものだが、さすがはナイちんガールズ。 

針管をみて 「 便利そうですニャ 」 と …

おそらくオペ道具みたいにみえるのだろう。


当時は鍼管を徐々に短い長さに換えて弾入し、ある程度の深さと
方向性を確保してから、針を送り込んでいました。

すると突然! スットわきから針皿にのった針管が …

天使のスペック

えっ? あまりにスムーズで、手持ちの針管を渡してしまった程です。


彼女らにとっては普通の事なのかもしれないが、独りで施術する
鍼灸師には、なんとも嬉しいサポート。


「 惚れてマウヤロー!!! 」 


危うく、「 ナイチンゲゲール症候群 」 に罹るところでしたが

相手の役立ちそうな事に、すぐ気がつく能力。
気遣いを実行に移せるのが 「 白衣の天使のスペック 」 なのだ!


人を 「 看る目 」 というのだろうか …


男子たるもの、白衣の中身のほうが気になるのは事実ですが
人を診るには、「 看る 」 という視点を見習いたいと思った。



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="1753054595">

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です