これは便利? トリガーポイントのポイントまとめ



触診勉強会で筋肉のマッピングをするついでに


「 トリガーポイントの関連痛 」 も考察。


そうすれば鍼やマッサージをするにはもちろん。鑑別診断の幅も広がります。

こりゃー便利な勉強会ではないか! フッフッフ …


しかし、いざ勉強会を進めてみると、「 頸 ~ 上背部 」 の筋肉の関連痛が
やたら多いって事に気がつきました。

・・・ 全部覚えられるだろうか、これ? ( ̄へ ̄|||)

頭部のトリガーポイントまとめ @UNITE


トリガーポイントは 「 再現性ある関連痛 」 がある程度パターン化
されているそうで、そこが良いなと思った。


しかし、 「 どの筋のトリガーから、どこに関連痛が現れるか! 」 
覚えないと、確かめようがありませんね。


特に頭部への関連痛は、多様な筋肉からの影響を受けていますので
パターンを把握するまでのプロセスに手間がかかりそうです。


できれば、実体験を踏まえて覚えて行くのが理想なのですが
試そうにも頭の片隅に、関連痛を留めておかないと経験値があがりません。


実際、勉強会でも 「 そういえば、この関連痛パターンあったぞ! 」 と
臨床を振り返って認識できるものもあれば、その関連痛は予想だにしなかったと
思う事のほうが多いです。


ピソマ


ですから、どうもリアリティにかける感じは否めませんが
幸いまだ受講者さんからは、そういった鋭い突っ込を受けていません。


ですが、 受講者さんが配信されているニコニコ生放送を聴いてましたら

w( ̄△ ̄;)w

この方は、「 めんどくさい事はしない努力 」 に秀でているような事を喋っており

  
これはそろそろ勘づかれそうだと思いまして、先回りして
トリガーポイントのポイントをまとめた図を作ることにした … 。


ついでに ” めんどくさい努力もあながち悪くないものだ ” 

そう思ってもらえればと、画像もtwitter に送っておいた。




これで暫くの間、時間を稼ごうという訳で


急いで、頭部・頸部・肩~肩甲間部・腕とセクションに分けて
関連痛の一覧が見やすいような図を作ってみました。


トリガーポイント section-neck



問診と動診する際、あんちょこで使えば役立つと思いますし、むしろ
患者さんに「 どこ? 」 って聞いちゃうほうが良いかも!

ちょっと便利になったように思う。


トリガーを探索する触診力を、勉強会で身につけて頂けたら
これは使い勝手の良いアイテムになるやもしれない。 


そうだ! これを勉強会の特典にしよう。


ハードルを下げる工夫って大事ですね。

受講者さんに 「 便利! 」 って思われないと
こんな小さな勉強会には来て頂けませんから。


おいらが医療メーカーなら、トリガーポイントが再現される学習用ロボットを
開発させて、トリガーポイントを習いたい先生に、理論とあわせて提供する

と思います。


だって体験込みで教える教育機関や、スキルを実践させようとする現場って
ほとんどないじゃないですか!


あれっ? だから機械が売れるのか ・・・ ヽ(;´Д`)ノ(((((((((●~*


それに愚直に練習するって人のほうが ”  ” なんだと思いますよ。 
だから、澤 穂希 は 誉! なんでしょうけど …


マズローの欲求に当てはめてみても、安全欲求が脅かされた状態か
自己実現、超越欲求のある人しか、自発的に行動しようとは思いません。



マズローの5段階欲求


ですから興味あることを、好きでやれるのが一番ですし
且つ切羽詰まった状態から、もがいてみるのも大切な事だと思います。




にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪



Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です