灯台もと暗し 「 意識とクオリア 」

2016年9月11日

意識とクオリア

「 痛み 」 を感じている 「 自分 」 は、本当に 「 私 」 ニャのだろうか?  

<(*ΦωΦ*)>

そもそも、自分は誰? 私って何?

最近、我を忘れ読んだ 「 錯覚する脳 」 。
ご存じの方はスルーしてくださいね。

皆さんは

死んでいる皮膚に、何故?痛みを感じるのか

考えた事ってあります?

医療従事者なら、幻肢痛 ( Phantom Pain ) はご存じかと思います。
下の図で痛みを感じているのは、皮膚表面。

錯覚する脳 ― 「 おいしい 」 も 「 痛い 」 も幻想だった

皮膚の表面は角質層と言うのですが、剥がれ落ちて垢になります。

皮膚は 「 真皮と表皮の境目で作られ 」、約1ヶ月かけて表面に移動しながら
角質層として堆積する頃には、すでに死んでいます。

skin

なのに!死んだ皮膚に " 痛いっ! " と感じる不思議。

さらに、痛みを感じる 「 痛覚受容器 」 は、皮膚表面の角質層より
奥 ( 内部 ) に配置されている。

指先に針が接触! すると、皮膚はひずんだり変形するので
痛覚受容器が神経インパルスを発射し、神経 – 脊髄を通って大脳皮質で処理される。

そして脳の触覚野という所で、神経インパルスの頻度・周波数が分析されて
痛みの大きさと範囲が認識されます。

それが、刺激を受け取った感覚受容器の近くの " 皮膚 " に
「 痛いっ! 」 って感じている。

d (=^・ω・^=) b  ニャ二が変かって?

大脳で処理された機能的痛みが、何故 “ 実際の痛み " であるかのように
意識されるのかってこと!

この感じている 質感 を 「 クオリア 」 と言うのだそうです。

クリオネ   クオリアとは、心的生活のうち、内観によって
   知られうる現象的側面のこと
   とりわけそれを構成する個々の質、感覚の事を言う。
   日本語では感覚質 ( かんかくしつ ) と訳される。

  クオリア – Wikipedia

なんだか混乱する話ですが

筆者は、あたかも脳に思い込まされている。 
そうプログラムされているとしか考えようがないと ・・・。

さらに、私達の意識そのものが実はクオリアで、私の 「  」 が
リアルに存在するかのように 「  」 が思わせている

「 幻想 」 のようなものかもしれないと …

えー! ということは、我が輩は猫で
「 ニャンでもないような事が幸せニャッタ ♪ あの歌も ? 」 

実にワンダフル! U^ェ^U な仮説。

医学や哲学、悟りの境地や宗教にも通じる内容だワン!
意識って何だろう?  興味ある方はオススメだお。

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪