Anarchy in the Oriental Medicine 6

2019年9月15日

希望を持ってこの道を選択したものの、あまりのギャップ!
アナーキーな視点で業界をみるようになっていたおいら。

必要な事はなんだろうか? そう模索しながら過した数年。
でもその介あって、自分の理想というのもちょっとづつ見えてきた。

前回のあらすじは こちら

こんな自分だからこそ、何かできることもあるはずだ。

『 仲間を募ってまずは小さなグループを始めよう。 』

その思いがやっと実現することに!

ビジョンとグループの理念をまとめ、複数の知人にプレゼンを行った。
賛同を頂いた方と、そこから手探りの活動を皆ではじめています。

UNIT- E というグループを作りました。

Energy・Element・ECO などの E  E 関係の結びつきを目指したい。
UNITE って、統合するなんて意味もあるそうです。

理念は個人・グループ・社会のニーズを満たすこと。
自発的な相互扶助と、良い関係作りがとうめんのテーマとなるでしょう。 

まずは、各個人のもっている治療法や知識を共有することからはじめ
今後、それを発展させた形で体系化していこうと動き出した。

現在のテーマが  『 腰痛 』

腰痛といっても様々な病態がある。 しかも リサーチ してわかったように
明確に病態整理と診断テスト法・各疾患に対する治療ができる人は少ない。

だったら診断チャートを使って、誰にでも簡便に治療まで結びつくシステムを
手技療法と鍼灸を組み合わせて作ろうと動いてます。

さっそく鍼での腰痛に対する打ち分けをメンバーでやりました。
PR撮影も兼ねて ・・・ そのうち勉強会を開こうと思ってます。

患者さんと治療者 ・・・ そして自分自身が喜べる活動をしたい。
東洋医学にイノベーションを ・・・ 今はまだそんな気持ちで動いてます。

手技開発編へとつづく

『 無秩序な東洋医学 』 … UNITE結成