ご挨拶

2020年4月26日

接骨院開業方法「独立奮闘気」
 

こちらの記事は姉妹サイト「接骨院の開業方法」より、過去の投稿を移転し
接骨院の開業までをドキュメンタリーでお届けした内容となっております。

【 社会人学生篇 】

 
皆様はじめまして! 志井乃 寛平(仮名)です。 
接骨院の業界に関しては、超がつくほどの ”ド素人”です。

そんな私が連載なんて、・・・? 戸惑うさなか
それが面白いからと、いつのまにか手はずが整っていました。

2011年の来春より柔道整復師の専門学校に通いながら、社会人をします。
将来の目標は、家内の実家のある田舎で整骨院を開業すること。

年齢も30代に入りましたので、できるだけ実践的なことを学びながら
独立するために必要な事を、日々学んでいきたいと思っています。
 

そもそも、接骨院を開業したいと思った動機が

家内の実家へUターンする際、地方での転職の困難さや地域への溶け込み方について
どのような手段でUターンすればいいかという事でした。
 

考えた末、高齢化の進む過疎化の村に溶け込むためには
医療関係か介護関係の仕事が一番良いのでは?という事で、選択肢を絞ったのです。

しかし、医療関係といっても医者になるには6年の歳月と莫大な学費。
そして優秀な頭脳が必要です。私は3つの条件を全て持ち合わせていないので断念。

また、介護関係は過度な重労働で割に合わない条件だと
昔求人の営業をしている時、施設の責任者の方から聞かされていたので遠慮し

最終的に残った選択肢が、患者さんに過度の費用負担なく治療することで
喜ばれる仕事の柔道整復師という職業でした。

現在は医療関係とはまったく違う仕事をしており
仕事の合間の時間帯に学校に通い、仕事と学業を両立させて
いかなければなりません。

そんな甘くない! 皆さんからご指摘を受けるとは思いますが

至らぬ点もありつつ、接骨院業界の事は右も左もわからず進んでいきますけど
色々な疑問を投げかけさせて頂こうと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

XRPで投げ銭応援して下さると嬉しいです (`・ω・)ゞ