だって、テンセグリティーやねん。

2016年9月16日

テンセグリティ tensegrity

「 人間の身体は風船のようなものなのだ 」

 
> ANATOMY TRAINS OFFICIAL JAPAN SITE から引用 

風船のゴム皮部分は ” 張力の要素 ” であり、中から外へ押し出そうとする
空気とのバランスがとれるまで、引っ張り込もうとし …

そのバランスによってサイズは決定づけられる。

風船モデルの空気の代わりに、連続した棒を用い、風船のゴム皮部分に
ゴムひもを代用すると、典型的なテンセグリティーの構造を得ることができ

棒の代わりに骨を使い、ゴムの代わりに筋筋膜を使えば

「 筋筋膜のテンセグリティー 」 を得ることができる。

という訳で、ちょっと難解な説明でしたが

テンセグリティモデルを作ってみました。

テンセグリティを作ってみた @ 東洋医学の穴

テンセグリティ ( tensegrity ) とは、バックミンスター・フラー により
提唱された概念で、Tension ( 張力 ) と Integrity ( 統合 ) の造語。

その構造モデルが、人体にも見立てることができるので
手技療法やボディワークにも役立つ概念として、ご存知の方も多いと思います。

ちゃちゃっと作ったので、棒の切れ込みが揃っていなかったようで
歪んじゃいました。 

何とかバランスを修正できないかと、ゴムを引っ張ったり
捩ったりすると、ある箇所の影響が波及していきます。 

tensegritystretch

そうです。 \(◎o◎)/ これこそが

「 筋膜系の協調運動が全身に波及する “ 証? " 」

皆さんにはこんな経験がないだろうか?

一人の責任を皆で反省するように! と、明日まで 「 全員丸坊主  」 なんていう部活話。

今は個人が優先されやすいですから、 「 腐ったミカンの方程式 」 のように
切り捨てられてしまうのかもしれませんが

昔は、テンセグリティーな " 連帯責任 " が重んじられました。

 

どうです、ゴムの部分を筋肉に見立てれば 「 緊張 」 が
全体に波及して行く様子が、イメージできるのではないでしょうか?

テンセグリティは、構造システムが破綻しない範囲で、部材を極限まで
減らしていった時の 「 最適形状の一種 」 とも考えられているそうで

人体の各ユニットにも想定する事ができる。

テンセグリティーモデルは色々ある ⇒ 【 intensiondesigns.com 】

また、試作品にプニプニ負荷をかけてみると、フレキシブルでリカバリー範囲も
広い事がわかります。

テンセグリティを作ってみた @ 東洋医学の穴

さて、これをどう役立てるかですが

“ 筋筋膜のテンセグリティー " については 「 脳‐身体‐心 」 の治療室より
「 B.フラーとT.ヤンセンに膜系連鎖を学ぶ 」 がおススメ!

この動画をみていると、動きやエネルギーが 「 滞りなく 」 伝わる様子が見て取れます。

イメージするのも、理解するのも簡単!
ここまでは、専門的な知識がなくたって誰にでもわかると思います。 がっ!

では、もしあなたの体や、世の中が歪んでしまったと仮定しましょう。

皆さんなら、どうやって解消しますか?

思い描けた方法があなたの出来る事!

どんなイメージが浮かんだだろうか? 

イメージできなかったら歪みも解消できませんよね。

基礎をないがしろにしたら 「 困ってしまうやねん! 」 て話。
  
あー 教育って大事ですね …?

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

RSS リーダーを移行しました。 今までご登録されて頂いていた方は
お手数ですがこちらに移行されてください。 宜しくお願いします。