セクター2 を掘り始めました。

開墾の記録


最初に開墾した畑は、稲作の時期になってみると水が浸水し水没したりで大変だった。

その教訓を活かせるよう、今回は土を高く盛ろうと思います!


まず、地中深く根を張った ” 葦 ” を取り除けるまで掘ると水が湧き出てきます。
そこに砕いて積んであった子砂利のような土を埋め戻し、今回はこの高さから土を盛って行きたい。


開墾の記録

掘り出した粘土層の土は、側面の土手作りに利用し
この枠組みの中で、同時に堆肥も作っていく事にしました。

野積み堆肥の切り替えし


段取り良く、なかなか良い作戦だと思っているのですが
そう上手く事が運べばラッキー位に考えておきます。

そうしないと心が折れる …

いつもなんだか切羽詰った状況で開墾しているもんですから、心にゆとりを持ちたいです。


野積み堆肥


堆肥は切り返しながら徐々に移動させ、堆肥枠の中で寝かせておいたものもここに移すことに。
これがけっこうな重労働でした。


堆肥の切り替えし


8月までには砕いた土と混ぜて、秋野菜を植えれる環境を整えれたら幸いです。 


style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="1753054595">



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です