秋野菜の準備に追われて

夏野菜も終わりに  

2017夏。 東京は15日以上連続の雨が降りました。
異常気象なのですかね?

8月に入ってからの雨つづきで、MoonChipFarm ではじめて収穫できた夏野菜達も
そろそろ終焉をみ送る感じとなりました。
 

元々水田だった事もあり、水を沢山吸って成長するキュウリや茄子やズッキーニも
初めての栽培にしては、割かし旨くできたのでは?と

手前味噌ですが、個人で消費する分には充分な収穫であった。

なんせ育ててみないと、どれ位の収穫があるのかさえ全く検討がつきませんでしたし
ズッキーニなんて、どんな風に成長するのかさえわからなかった。

こんな風に地を這いながらトグロを巻くように成長するズッキーニです。


ズッキーニの栽培

本で栽培方法をみた時は、畝幅を広くとると説明されていたが育ててみると納得いきますね!
 

とにかくイマジネーションできない事を、わからないながらも成長に追われて栽培したというのが
今回の体験で、水没するような休耕田からの転作を行なうのには

土質や畝の高さなど・・・改善したい事が多々でてきました。

とにかく土を高く盛らないと、地中に育つ秋野菜を育てるのは無理かもしれない! 

しかし、もう砕いて振るった土はほとんど使ってしまった。
 
水没する畑


思い切って土を客土(他所から土を搬入すること)する事も調べてみましたが
素人からしたら土って思いのほか高価でして、広さにもよりけりでしょうけど

30~40cmの高さで盛るとなれば、10tダンプで何台必要か?という感じでした・・・
 

お友達の造園屋さんからは、土作りをしながら10年で100万位かけるつもりで
進めて行ったらどう?とアドバイスを頂きましたが
 

おう! いくらでも盛ってくれ!
 

そんな台詞は、妄想の中で「 粋 」に吐いてみせるものの 

土をどっさり盛られた畑がイメージできても
金がないとイマジネーションの具現化は難しいと

僕の計算が苦手な左前頭連合野や頭頂葉が、現実問題としての答えを導き出しつつあった。
 

秋野菜を育ててみたい! なんとかならないかな?
このままでは愛しの彼女に年貢が納められません・・・ 

そう途方に暮れていると、一通のメールが! 
 

それはジモティーからのリマインダーメールであった。

リマインダーメール

style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="1753054595">



なんと!割りかし近郊で 「 芝生の床土 」 を処分したいとの事。
しかも残土と違って、ガラや石は入っていないというではないか!

どうやら土神様には、まだ見捨てられていないようです。
 

という訳で、さっそく交渉を済ませ運んでくる運びとなったのですが
芝生を剥がれ、防草シートの上に積まれた15cm程度の土でも

土嚢袋にせっせと詰め込んでいくと、けっこーな量です。

客土

当然全て積みきれづ、3000円でレンタルした軽トラに40袋を積みコミ一旦畑へと向かったのですが
立体交差のような坂道を上がると、アクセルMAXで15㌔位しか速度がでません・・・
 
しかも下りではブレーキ踏んでもなかなか止まらずで
久しぶりにまじで焦りました (汗


土運び 積載オーバー

夕方まで往復すること3往復。 
 
軽トラ返却時間が気になりつつも積載オーバーを避け
20袋づつ運んで、この日は計80袋頂いてきました。
 
客土

どさっと運んで盛るのはかなりのハードワークで、このまま汗だくで
泥だらけになって心筋梗塞でも起こして死んだら、悔やみきれませんね。

まだ後数回、運んでこないと全部もってこれないと思うが
値段だけを考えれば、土を購入するよりは安く済んだのではなかろうか?

業者さんに頼めない身分の間は、時間と労力をかけるのは致し方ないです。

ここ数日は、運んできた土を手で砕きながら大根用の畝を4日がかりで盛りました。 

客土した畝

盛ると気分も上がりますね ↑

まだ土は余っていますので、夏野菜の終わった畝の土と混ぜて
なんとか秋野菜を育てる事ができそうです! 
 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です