肝火上炎

2015年8月12日

肝鬱などで鬱滞した気が と化し、熱邪が肝経を上逆したことによって起こります。

 臨床症状

・ 頭暈や頭の脹痛、重痛・顔や目が赤い・口苦や口乾・イライラして怒りっぽい。
・ 不眠、あるいは寝ても悪夢ばかりみる。
・ 脇肋部の灼熱痛・便秘・尿が黄色。
・ 耳鳴り・耳内が腫れぼったく痛み、酷ければ膿がでる。
・ 吐血・衂血 ( はなじ )
・ 月経は周期が早く月経過多となることが多い

 考察

肝脈の巡行する頭・目・耳・脇に実火の症状が現れるのが特徴。

火の性質は炎上なので、肝から発生した肝火は経中を上がって
頭や目に至り、絡脈に気血が湧き出るようになると頭暈がしたり
頭が腫れぼったく痛んだり、顔や目が赤くなったりラジバンダリ!

気血が壅滞 ( ヨウタイ=ふさがる )すれば脇肋部に灼熱痛がでます。

肝胆は表裏経なので、肝熱が胆経に伝わると胆気が経中を上がって
溢れ口が苦くなる。
また、火熱で津液が焼かれると口乾となり、津 ( 水分 ) を消耗すれば
便秘や尿が黄色で濃くなります。

肝の性質 ( 条達・柔順 ) が低下すれば情緒も乱れ、イライラや怒りっぽくなり
火熱が体内を乱すと神魂 ( 精神 )が落ち着かず、不眠となったり悪夢をみる。

足少陽胆経は耳内に入るので、胆熱が経中を上がって壅滞すると
潮騒のような耳鳴りや、紅く腫れて熱痛となったり酷ければ爛れて化膿。

絡脈が焼かれて傷つき、血が妄行すれば吐血や衂血となる。
こんな感じでしょうか・・・

 治療原則 : 【 瀉肝清火 】

【 舌脈 】    舌色紅・苔黄色 / 脈弦数
【 処方穴 】   風池・陽陵泉・太衝・侠谿・厲兌

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪