脾腎陽虚

ツンデレ弁証論治
下腹部、腰、手足が冷えて痛いくらいですね。
特に腰膝がだるくて、力が抜けた感じです。

いつも下痢気味で、明け方にトイレに起きることも。
顔色が青白く、おしっこが近いわりに出ずらかったり …
浮腫があったりしますわよ。

腎の働きと・脾の運化 ( 栄養を行き渡らせる )
機能が弱ってます。


 症状


・ 腰膝酸軟・腰下肢、下腹部の令痛
・ 気化障害・運化障害・浮腫・小便不利
・ 五更泄瀉 ( 朝方の下痢 )・下痢・滑脱 ( 長期間の下痢 )
・ 四肢寒冷・顔面蒼白など


 考察


腰膝酸軟・腰下肢、下腹部の令痛は腎陽虚で温煦が減退し、陰寒内盛となって
気機の障害がおこる。

浮腫・小便不利・五更泄瀉は腎の気化障害と脾の運化障害のため水湿が内停。
下痢・滑脱は水穀を腐熟できない。



 治療原則 : 【 温補脾腎 】


【 舌脈 】    舌淡嫩・苔白滑 / 脈沈弱・虚浮
【 処方穴 】   中脘・関元・腎兪・足三里・太谿

老化現象といっても良い症状だと思います。
疲れたが口癖になると、嫌なものですね。



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="5002649796"
data-ad-format="auto">



Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です