肝気犯胃


肝鬱になると食欲不振になったり、重くなったりして胃が犯される。
肝鬱により昇発が減退しているため、胃気の降濁作用が働かず上逆。


 臨床症状


・ 胃部の張った痛みが反復・怒り・恨み・興奮などの持続的症状・ストレス
・ 噯気 ( げっぷ )・呃逆( しゃっくり )・口渇・口苦


 考察


胃部の張った痛みが反復はストレス、緊張により肝気が鬱結して疏肝低下を引き起こし
胃の気を阻滞するため。
胃は受納をつかさどり 「 通・降 」 が正常。しかし肝気が疏泄できないと胃失和降となり
噯気や呃逆・口苦となる。

怒り・恨み・興奮などの持続は肝火を引き起こし、胃気を擾乱させることが多く
肝気犯胃から肝火犯胃に移行するケースが多い。





 治療原則 : 【 瀉肝和胃 】


【 舌脈 】    舌淡紅~紅・苔薄黄 / 脈弦・数
【 処方穴 】   肝兪・膻中・公孫・太衝 / 足三里



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

漢方・中医学臨床マニュアル―症状から診断・処方へ
漢方・中医学臨床マニュアル―症状から診断・処方へ森 雄材

Amazonで詳しく見る

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です