肝気鬱結



肝が気を 疏泄 ( 行き渡らせる事 ) ができなくなって
肝気が鬱滞するためにおこります。

要因は、主に七情 ( 感情 ) の乱れによる情志の抑鬱。

突然の精神刺激 ( ショック・ストレス ) や
他の病邪が侵入して肝が乱されることによって起こります。



 臨床症状


・ 胸脇や少腹の脹悶や竄痛 ( 痛みが動く )
・ 胸悶してため息をつきたがる・情志が抑鬱して怒りっぽくなる。
・ 咽部梅核気 ( のどが詰まった感じ )・頚部癭瘤 ( 甲状腺腫 )
  腹部癥塊 ( シコリ ) ができることも。
・ 女性では乳房が張って痛み、生理が重く酷ければ生理不順~無月経。
・ 情緒面ではノイローゼや更年期障害など。


 考察


肝気が鬱結すると疏泄作用が低下し、気の流れが悪くなります。

これを気滞 ( 気が滞る ) と言いますが、気滞によって肝経絡上に
症状があらわれ、乳房や少腹に脹悶疼痛・竄痛 ( ざんつう ) などが
認められるようになります。

また、肝の疏泄作用には情緒も調節する働きもあり

気が鬱結すれば経気は流れないので、条達 ( 気を体の隅ずみまで巡らす )
柔順 ( なめらかしなやかで柔らかい ) といった

肝の性質自体も低下することになり、長期に渡ると情緒も抑鬱されて
イライラ怒りっぽくなります。

そして気が鬱すると体内で ( 水毒 ) が生じやすくなります。

痰が肝気の気逆に伴って経脈を上行し、咽頭に固まれば梅核気。
頚部に凝集すれば癭瘤 ( 甲状腺腫 ) といった症状が出ます。

気滞が血に波及して、衝脈・任脈に影響すれば月経不順や生理痛となります。
気滞が進行し気滞血瘀となれば、お腹で血が徐々に固まり癥塊 ( シコリ ) となる。



 治療原則 : 【 疏肝理気解鬱  】


【 舌脈 】    舌質淡~紅・苔薄白 / 脈弦・弦細
【 処方穴 】   期門・内関・陽陵泉・足三里・三陰交・太衝


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

中医診断学ノート
中医診断学ノート

おすすめ平均5つ星のうち4.55つ星のうち5.0地味だけど、使えます!
5つ星のうち4.0わかりやすい
5つ星のうち4.0チャート式ですから
5つ星のうち5.0おもしろい


Amazonで詳しく見る

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です