② 痛みの役割




痛みって 「 脳 」 ではじめて認識される現象だと 前回 書きました。

では、「 痛みの役割って 」 何でしょうかね?


2つ考えられます。

1. 「 怪我などした場合に、炎症を起こさせて組織を修復する役割 」


2. 「 組織の修復期間中に体を動かさないよう、警告する役割! 」


1.は、炎症を起こすことで、白血球・リンパ球などのいろいろな物質を総動員させ
損傷した組織を修復するため。

2.は、せっかく組織を修復しているのに、動いてむちゃをされたら新たに二次災害を
起こしてしまいますよね!


二次災害を防ぐ警告としての役割も 「 痛み 」 にはあるのです。

では、どうやって壊れた組織は、痛みを知らせるのでしょうか?


組織が損傷すると、細胞から痛みを知らせる 「 発痛物質 」 が放出されます。

この発痛物質は、筋肉・靭帯・臓器・骨膜・脳膜など ・・・ 体の至る所に存在する
神経の受容器 ( レセプター ) に感知され、その情報は背骨の中にある脊髄神経を
通って脳に伝わり、最終的に 「 痛み 」 として認知されます。


そして 「 痛み 」 には実は種類があります。



「 速い痛み と 遅い痛み 」


ひとえに 「 痛み 」 といっても、人それぞれ感じ方は違います。
我慢強い人もいれば、ちょっとした刺激に過敏な方まで …

様々なのですが、ただし! 大まかに分類すると

① 鋭い痛み  ② 鈍い痛み との2つに分類することができる。


種類の異なった痛みの情報は、脊髄内をそれぞれ別々のルートで脳へ伝わっていきます。



「 図:東洋医学研究所より 」



ひとつは  ( Aデルタ ) と呼ばれる神経線維。

これは 「 新脊髄視床路 」 と呼ばれるルートを伝わります。

もうひとつが C 神経線維の通る 「 旧脊髄視床路 」

 神経繊維は、急性の鋭い痛みを伝えるのが特徴でして
ぎっくり腰の瞬間や、火傷した瞬間に感じる 「 強い痛み 」 を伝えます。

この痛みは 「 ここが痛い! 」 と、 本人がはっきり自覚できるのが特徴です!


一方、C 神経線維が伝える痛みは、ぎっくり腰を起こした後から感じるような痛みや
火傷してジワジワと感じてくる 「 鈍~い痛み 」 を伝えています。



Q では、 「 凝り 」 は?


①  神経線維   or   ② C 神経線維の、どちらが伝えているでしょう。


ほとんどの人は 「 凝り 」 を表現する際に


“ この辺 ” が 「 重い ・ だるい ・ こってる 」 と表現しませんか?


ぎっくり腰や火傷の瞬間に感じるような、鋭い痛みではないはずです。

ということは、普段感じている凝りというのは ② の C 神経線維 との
関わりが大きいということ。


怪我をしてすぐに感じる痛みは 「 急性痛 」 と言って、急性の痛みというのは
新たな組織損傷を起こさせないように 「 動くな! 」 と、警告信号を

脳へ送る役割がありました。

これを伝える神経は Aδ で、体を守るために必要な感覚と言えます。


これに対し 「 慢性痛 」 は、組織損傷がさほど強くない状態や

もうとっくに改善していてもおかしくない時期に 『 まだ痛みが続いている状態 』 で

「 慢性的な痛み 」 = 「 慢性痛 」 って言われています。


西洋医学は、慢性痛に対し一時的に痛みを抑える薬以外には
あまり手段を持っていないのが現状でして

実際に、接骨院や整体・鍼治療を希望する患者さんの8割が
慢性的な痛みに悩んでいると言っても良いかもしれません!

そうでなくても、普段から凝りに悩まされている人は大勢いらっしゃいますね。



でも、ちょっとまって!


改善していてもおかしくない時期に、まだ痛みがあるって変じゃないですか?


次回は 何故、慢性痛は起こるのか? を考えてみましょう!



知りたがり屋のナーニ? 東洋医学の穴

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です