ホルミシスに期待するもの


「 医師がすすめる放射線ホルミシス 2 」
このタイトルにちょっとビックリ。



ホルミシス とは、放射線も微量であれば決して毒ではなく
かえって生命活動を揺さぶる力があるのでは? と考えられていて

微量の放射線が ” ホルモン ” のように作用するという意味で
ホルミシス ( 放射線のホルミシス効果 ) と呼ばれています。

癌などの難病を克服する 「 玉川温泉 」 のオンドル ( 岩盤浴 )
なんかが有名ですね。

以前このブログで取り上げた 池田ラジウム鉱泉 も紹介されてました。
( ここは個人的に穴場であって貰いたいが … )

最近は、体温と病気の関係に着目した本も注目されているようで
いままで民間療法で扱われていた内容が、” 医師が勧める ” という宣伝文句で
随分ピックアップされている。

その代表ともいえるのが 「 漢方薬 」 ではないでしょうか 。 

勿論、きちんと中医学・漢方の体系を学んだ医師が処方されている所もありますが
ほとんどの医師は、漢方の概念などまったく知らないのでは?

異なる医学体系ですし、お忙しいお医者さん。
“ わざわざ勉強する ” そんな時間はないと思うのだが ・・・

いつどうやって覚えたのか? そんなに簡単なら勉強する方法を教えて頂きたい。

それにしても  「 医師が勧めるホルミシス 」 というタイトル。

インパクトのある言葉ですが、もし、西洋医師の多くがこうした自然療法を推奨したら
西洋医療は経済的に崩壊してしまうはずだ。

投薬に頼った治療法の危うさというか脆さ ・・・ それが経済とどう結びつくのか?

こちらのサイトで、ある種医療の闇とも呼べる
「 鬱病と向精神薬の関り 」 をテーマにした動画があった。





こうした切り口でみてみると 「 医療とは何か? 」
個人が改めて考えてみる切っ掛けになるかもしれませんよ。

そして、なんでも最近のクリニックでは、院内に微弱な放射線を浴びる
スペースが完備されている所もあるようで、何軒か紹介されていました。

う~ん。 これって銭湯のラドン湯じゃ駄目なの?

一昔前は、サロンでゲルマ温浴が流行った事がありましたが
やっぱり天然ラドンじゃないと効果ないんでしょうか? ・・・

今は玉川温泉の 『 北投石 』 を人工的に加工?した商品まである。

北投石と言えば 『 天然記念物 』 。 無断で盗掘すると逮捕されます。

「 後絶たない 『 北投石 』 盗難 玉川温泉の効能背景に 」

しかしネットで調べると、『 北投石 』 は販売されています。

ガイガーカウンターで記録された放射線量が写真で表示してあり
うまい広告方法だなと思った。 しかもその値段の高さに驚いた!


なんでも ビジネス  になると感心。・・・

一方、地産地消なんて言葉がありますが、こうした天然の効果に恩恵を受けれるのは
そこに貴重性があるからです。

世の中どんどん便利になって、食品・水、意識すれば健康までも
手軽に取り寄せられる時代だが、その一方で情報はどんどんタダになりつつある。

だからこそ、「 その人・そこでしか 」  できない体験 や 質が重宝される。 
これからはそうなっていくように思います。

鍼灸・柔道整復の世界では、資格者の増加に伴った治療院の淘汰など
いろいろと死活問題が増えてくると思われますが

だからこそ、『 自分に何が提供できるのか ・・・ 』

そこにシンプルな答えがあるはずだ。


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良ろしかったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です