寒滞肝脈

2019年9月12日

寒邪が肝脈で凝滞したことにより現れる症状。寒邪を感受して発病することが多い。
 

臨床症状

・ 睾丸が下腹に引っ張られ、落ち込んだように感じ冷痛がある。
・ 陰嚢が収縮して牽引された痛み。
・ 冷えると悪化し、温めると緩解する。
 

考察

足厥陰肝経は陰器を巡り少腹を通るので、寒邪が肝経を侵襲すれば
陽気が遮られ気血の運行が不利となり、寒邪の性質である収斂作用で
陰嚢が少腹に牽引されて痛む。

寒いプール。ちんこは縮むよどこまでも。
 

治療原則 : 【 温肝散寒・理気止痛 】

【 舌脈 】    苔白滑 / 脈沈遅
【 処方穴 】   中極(灸) / 足三里・三陰交・太衝

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪
 

created by Rinker
¥5,184 (2019/09/21 21:24:56時点 Amazon調べ-詳細)