爪もみ止めますか?それとも人間やめますか?

爪もみグッズ sanatory


どこかで聞いたことのある 「 キャッチフレーズ 」ですね!


すいません。 0(`・ω・´)=〇 という訳で、本日は生命を維持する上で欠かせない
自律神経 」 の調整にもってこいな 「 爪もみグッズ 」 の紹介です!

爪もみ療法を最大限に活用する! インテック社製 「 サナトリー


爪もみグッズ sanatory の紹介

こんな感じで、簡単に爪もみが行えます!プラグイン拡張アイテムですね。
樹脂で形成された突起刺激が、チェーンに連なったアイデアグッズ!


爪もみ療法に関しては、いまや健康雑誌などで多々取り上げられる事が
ありますので皆さんご存じでしょうし、「 爪もみ 」 で検索すれば

いくらでもページがあると思いますので、ここではメジャーな

「 安保 – 福田両先生 」 の本の紹介にとどまりますね。

奇跡が起こる爪もみ療法 (ビタミン文庫) 徹、 安保; 稔、 福田9784837611639【中古】

と、いいながら私、読んだことがありません。 (≧∇≦)  ごめんなさい。

鍼灸の学生時代には 「 21世紀の医学―井穴刺絡学・頭部刺絡学論文集 」 という
こちらの本を読んでいました。



当時、アマゾンもまだなかったような記憶があるのですが

手技の勉強会でご一緒させて頂いた、先輩の鍼灸師さんから
図書館でやっとさこの本を見つけたから

「 君もいるなら製本化してあげるよ 」 と、声をかけて下さいました。

鍼灸学生1年生の頃だったと思います。


この先輩、今で言う電子書籍化 ( 自炊 ) みたいな事をやって
わざわざ製本化してくれたわけですな。

勉強会マニアの先生でして、オラがなんか先輩に質問したりすると

電車の中であろうと食べ物屋さんであろうと、その場でいろんな技を
かけられ随分実験された記憶があります。 ヾ( ゚∀゚)ノ゙

しかし、右も左もわからずのオラには、物知りの先輩の話がおもしろく
又、いろいろな治療法に興味しんしんだった時期でした。


それから間もなくたって、世間で 「 爪もみ 」 療法がフューチャーされ
「 浅見鉄男先生 」 が、心血を注がれた結晶のような本

「 21世紀の医学―井穴刺絡学・頭部刺絡学論文集 」 に 

安保 – 福田両先生がどういう経緯で 「 井穴 」 に着目され
当時の勉強会のようすなどが本のイントロに書いてあった事を思い出したものです。


もし皆さんのまわりに、わけへだてなく情報を共有してくれる方がいれば
その方はとっても貴重な存在ですよ! 

ありがたく、そしていつかはギブ&テイクできるようにしましょうね。


自分は、専門学校の基礎教育が終わってからこの本を読み返して
役に立っていますので、やはり生理学の基礎は必要です。


「 井穴刺絡 」 には、現代生理学的解釈・古典的解釈と両方ありますが

どちらも即効性という意味で、鍼灸師さんを助けてくれますから
覚えておいて損はなし! そう思える治療法だと思いますし


この 「 サナトリー 」 は、非観血的な刺絡療法のかわりとなる
シリコン製の 「 ピソマ 」 を開発されたインテック社の長谷川先生の 
ホームページ作りがご縁で知りました。


試してみて、商品価値に気づいた事は!


「 サナトリー 」 を、激しくオススメする理由 5

・ 手で揉むより断然楽! 長く続ける秘訣は 「 簡単 」 であること。
・ グルッと輪ッかが、オールレンジ ( 全方位 ) に 「 井穴 」 刺激。
・ デスクやポケットにあると、モミモミやるきになる ( ※ これ重要! )
・ デザイン良しで刺激も心地よし。 & 持っていてはずかしくありません。
・ 患者さんに、試して貰いやすい。

  ( 治療院で、お試し用のディスプレイとか! オススメです。 )


鍼灸師さんなどが、プロとして施すという行為を考えたら 「 ピソマ 」 のほうが
良いのでしょうけど、横着なオラがセルフケア目的で使えるのだから

相当ポテンシャル高しな製品なのだと思いますお。


次はディスプレイ用のポストカード作って、知り合いの先生の所で患者さんの反応を
試してみようとおもってます。  スマホのストラップに付けても良さそうですね!


販売先 インテック研究所のホームページはこちら http://intec-labo.com/


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です