寒滞肝脈


寒邪が肝脈で凝滞したことにより現れる症状。
寒邪を感受して発病することが多い。


 臨床症状


・ 睾丸が下腹に引っ張られ、落ち込んだように感じ冷痛がある。
・ 陰嚢が収縮して牽引された痛み。
・ 冷えると悪化し、温めると緩解する。


 考察


足厥陰肝経は陰器を巡り少腹を通るので、寒邪が肝経を侵襲すれば
陽気が遮られ気血の運行が不利となり、寒邪の性質である収斂作用で
陰嚢が少腹に牽引されて痛む。



寒いプール。ちんこは縮むよどこまでも。



 治療原則 : 【 温肝散寒・理気止痛 】


【 舌脈 】    苔白滑 / 脈沈遅
【 処方穴 】   中極(灸) / 足三里・三陰交・太衝



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Voiceモニター、アンケート会員募集!アフィリエイトはリンクシェア

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です