小腸虚寒



脾胃の陽気不足が小腸に及んで、小腸虚寒となる。

 臨床症状


・ 四肢寒冷・後頭部痛・耳痛・小便清く澄んで長い
・ 小便不利 ( 出が悪い~尿閉 )・小便自利 ( 頻尿 )
・ 小腹に塊触れ引痛・下腹がゴロゴロする・腸が鳴る・水様便・温めたり圧迫すると喜ぶ


 考察


脾陽虚と考え方は同じ。





 治療原則 : 【 温運腸胃 】


【 舌脈 】    苔薄白 / 脈細弱
【 処方穴 】   関元・足三里・復溜・三陰交・天枢・大腸兪

これで心・小腸の臓腑弁証は終わり。



幸福運上昇!ちょっと大きな小便小僧


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


徹底図解 東洋医学のしくみ―気・血・津液から鍼灸、漢方治療まで
徹底図解 東洋医学のしくみ―気・血・津液から鍼灸、漢方治療まで兵頭 明

おすすめ平均5つ星のうち4.55つ星のうち4.0素人向けのわかり易い中医解説書
5つ星のうち5.0基礎知識用に最適
5つ星のうち4.0素人向けの本です


Amazonで詳しく見る

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です