小腸実熱


小腸実熱証は、小腸の裏熱が熾烈になって起きた証候。
多くは心熱が小腸に移ったために起きる。


 臨床症状


・ 心煩して口渇・口舌に瘡 ( 口内炎 ) 小便が赤くて渋る
・ 尿道に焼けるような痛みがある・尿血


 考察


心火の熱が熾烈な事と、小便が赤くなって渋り焼けるような痛みのあることが
辨証のポイント。
心と小腸は表裏であり、小腸には清を分けて濁を膀胱へ滲出させる機能があり
膀胱へ水液を送る。
心熱が下の小腸へ移るので小便が赤くなって渋り、尿道に焼けるような痛み。
熱が激しくなって陰絡を傷付ければ、尿血となる。

心火が内熾 ( 体内で激しい ) となり、熱が心神を乱すので心煩する。
津が熱で焼かれるため口渇する。心火が上炎するので、口や舌に瘡ができる。

小腸の一般的な病証で、小腸の実熱を除けば、小腸虚寒と小腸気痛があるが
それぞれは 「 脾陽虚 」 と 「 寒滞肝脈 」 の辨証に含まれる。



 治療原則 : 【 清心瀉火 】


【 舌脈 】    苔紅・苔黄 / 脈数
【 処方穴 】   太衝・通里・内関・神門・下巨虚




小腸といえば、コプチャン!( 牛の小腸 ) 
あの食感と脂がホルモン好きにはたまりません。



焼肉のことばかり考えてる人が考えてること (扶桑社文庫)


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です