④ 反射の影響

chronic

意識でコントロールできない反射は、非常に厄介な問題!

そのことを 前回 書いてみました。

『 具体的に、反射はどう影響するのか? 』 今回、考察してみたいと思います。

そうですね … 皆さん良くご存知の五十肩を例にして!



一般に五十肩とは … 肩関節を構成する筋肉群が損傷した結果
後日、筋肉が縮こまって拘縮変化を起こして、運動制限、特に挙上困難となる。

また進行すれば関節にも負担がかかるため、骨・軟骨・靱帯・関節包をも
悪くしてしまう可能性がある症状で、一般医療では異常が見当たらない
肩関節周辺の痛み。

これが五十肩の定義です。


いわゆる老化に伴った “ 酷い肩凝りから発展した症状 “ ですけど
皆さん、若い時ってたまに肩凝りを経験しても ” 凝りや痛み ” を凄く敏感に
感じませんでしたか?

それが 40 ~ 50代になってくると、いつのまにか

「 凝りや痛みが持続的な感覚に変わり、気づくと体や関節の動きが硬くなっている。 」

たまにストレッチをしてみると、体が硬くなっていてガビーン! なんていう状態 …。


つまり五十肩という症状は、必ず肩周辺に定期的に強い凝りや痛みを感じていた
期間があって、それが治まると関節の動きが以前よりも硬くなっている事を
繰り返した結果なんです!


本人は忘れてしまっていても、強い肩凝りや痛みを自覚した時期が必ずあったはず。

そして 「 もう痛くて耐えられない! 」 と、お医者さんに行くと

“ 五十肩ですね ” と診断される。 

これが一般的な経過と症状です。


では、どうして関節の動きが以前よりも硬くなるのでしょうか?


ここに反射が関っていると思います。


冒頭では普段痛みを感じなくても、体は組織の損傷と修復を繰り返していると
説明しました。 少し復習してみましょう。


人体に一定以上の組織損傷が発生した場合は、患部からその情報が
脊髄を通って脳へ伝達され、脳まで伝わってはじめて 「 痛み 」 を認識する

仕組みになっていました。

しかし、微々たる情報にいちいち反応しては困るので、一定以上の情報
( 閾値 ) に達しなければ脳は 「 痛み 」 を自覚しませんでした。

そしてここから ・・・ !


実は、微々たる筋肉の損傷であっても
脊髄からは、送り返しに ” 筋肉を収縮させる反射 ” が引き起こされている。


反射のルート


こうした反射が積み重なったらどうなるでしょう?

微々たる損傷でも、反射が起これば徐々に筋肉は収縮していきます。

年齢も若く、回復力の早い時は筋肉も弾力があって、血流の流れも良いですから
凝りにまでなる事は、稀でしょう。 しかし、回復力が低下してくると度重なる

反射によって徐々に筋肉は収縮され、回復が追いつかなくなると ・・・
いつしか持続的な凝りを自覚しはじめるようになってくる。

そして筋肉の収縮は次第に  「 神経や血管 」 をも圧迫しはじめます。
こうなると局所の循環不全を引き起こしますね!


循環不全となれば、筋肉などの 【 細胞 – 血管 】 間での栄養のやりとりも
お粗末となり、更に 「 緊張という悪循環 」 に陥ります。 

そして圧迫された組織が徐々に悲鳴をあげ
神経に 「 痛み 」  として知らせようとします。


遂には 【 脳 】 が、痛みを自覚しはじめ
その時点から 【 慢性痛 】 になっちゃた訳です。



つまり、 ” 改善してもおかしくない時期にまだ痛みが残っている “ というのは
些細な 「 反射 」 が積もり積もった結果ということ。


五十肩のように、ある時期に凝りや痛みを感じ、それが治まると関節の動きが
硬くなってくるのは

体が痛みに対して 「 可動域を少なくする事で対応した苦肉の策 」 であり

そのぶん無理に関節を動かそうとして、二次的に筋肉・靱帯・関節包・軟骨や骨に
更なる負担をかけてしまうという矛盾の結果です。

当然痛みが起これば 反射が更に促進され、また筋肉は収縮してしまいます。


“ 改善していてもおかしくない時期にまだ痛みを感じるのは ”  この為では?

この悪循環を改善させることに目を向けない限り、治療といっても
症状はなかなか緩和できないものと思われます。

次回は 筋肉の柔軟性と反射 に目を向けてみましょう!



知りたがり屋のナーニ? 東洋医学の穴

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です