ヨモギ(蓬)の活用 「天恵緑汁」でぼかし肥作り

天恵緑汁作り


前回はヨモギ茶を作ってみましたが  → ヨモギの活用
今回はヨモギ発酵液から、畑の肥料となる 「 ぼかし肥 」 を作ります。

天恵緑汁
 

ヨモギ発酵液は、「 天恵緑汁 」とも呼ばれ、韓国の自然農法で生まれたものらしいです。

そういえばヨモギ蒸しとかも、韓国で盛んだった気がしますね。
 
できた「天恵緑汁」(ヨモギ発酵液)は、薄めて散布すれば野菜も病気になりにくく
元気になるらしのですが、今回は「ぼかし肥」の種菌として活用。
 

まずは摘み取ってきたヨモギの重量に対し 1/3 程度の黒砂糖を加え、よくかき混ぜ合わせます。

ヨモギ発酵液

それをビニールで覆い、上から重しを加えて一週間寝かせて発酵させます。

重石には余った 赤玉土があったので、ビニール袋につめて水をいれたポリタンクを載せて代用。

天恵緑汁

途中気になって覗いてみると、発酵してきてました!

ヨモギ発酵液

1週間経って、ペットボトルに発酵液を取り出してみると
500ml ペットボトルにわずか 1/5 … ほどの量しかとれません。

ちょっと足りないような気もしますが、土着菌がわりに
ぼかし肥の作成につかいますので、アバウトな性格上少なくてもまあ大丈夫じゃないかと・・・
 

■ ぼかし肥の作り方 ■ 米糠5㌔ / 油かす4㌔ / 草木灰1㌔ / ヨモギギ発酵液 / 糖蜜 / 水

これらを良く混ぜ合わせ、ヨモギギ発酵液と糖蜜を適当に加え
最後に水を投入しながら、握った後に材料が崩れる位の水分量に!


ぼかし肥の作り方 

ぼかし肥の作り方 

ぼかし肥の作り方 
 
ぼかし肥の作り方 
 
ぼかし肥の作り方


それを発泡スチロールの中でビニール袋に詰め
空気が入らないように密閉し、嫌気性発酵で作ってみました。

夏場なら約2週間でできるらしい

ぼかし肥の作り方 

ぼかし肥の作り方

まだ作成中なので、完成が楽しみです。 

肥料も毎回買うと出費が痛いですので、安く大量に作りたい。
失敗してないとイイナ・・・
 

余った分は、畑の中で作っている「 野積み堆肥 」に混ぜこみ
こちらは好気性発酵で無駄なく利用しました。
 
ぼかし肥の作り方

開墾をはじめるようになってから、いつのまにか自然っぽい?事が
身近に感じるようになってきた。


前回作ったヨモギ茶のほうは、かわいくラベリングして貰い子供服屋さんでプレゼントとして活用。
ひとつの事から色々な事に発展できるって楽しいです。 

ヨモギ茶

世田谷区のオシャレな子供服屋さんは【 MoonChipTrip



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です