12経脈と奇経8脈の3次元立方体モデル


たまたま手にとった 気の論理学 という本。
そこで経絡を3次元立方体で説明した図があり、面白かったので紹介。

12経脈と奇経8脈の3次元立方体モデル


立方体の直線は12本あり、交点は8つある。
12ある直線が正経12経脈で、8個の交点が奇経8脈に相当する。

仁脈・督脈を対角に結べば経絡ネットワークの完成です!

えっ?

『 どこが肺経で、どこが陰維脈なんだ? 』 なんて勘ぐったらダメですよ。

そういう野暮なことをしてはいけません …

あくまでネットワークとしての経絡図というか、イメージとしての経絡ですから。





そして最近ちょっと思うこと。

経絡という実感できない(自分は)概念を 【 あるという前提 】 で
突き進めてきた東洋医学・・・・・・。


その経絡を覚えていない鍼灸師さんも沢山いると思います。
実用性がないからなのか、覚えるのがめんどくさかったからかもしれません。

では、何を対象として施術を組み立てたら良いのか?
このまえ、鍼灸師さんと話して疑問に思ったことが

弁証論治なんてもっての外で 

ならばトリガーポイント?、はたまた現代鍼灸のように西洋医学的な鍼灸か?

という訳でもありませんし、おそらく筋の作用や起始~停止
支配神経も覚えていない。

いったい何を軸に 「 治療 」 しているのか・・・

その心は

「 鍼灸は自己免疫力が上がるから! 」  それが東洋医学。


なかには、鍼も刺さずに効くという鍼灸師も大勢いる。
そういう意見を否定するつもりは今はない。

しかし、彼らは一様に邪気を感じると言うが経絡もわからない。

恐ろしい ” 事故免疫力 ” の持ち主だと感じドン引きする事が未だにある。

そういう人が口を揃えて東洋医学、鍼灸をやっているという。  

Going My Way を貫くのって大変だなと感じる今日この頃でした。




にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です