鍼でヒヤリ・ハット




治療におけるヒヤリ・ハットは、誰もが体験する。

「 ヒヤリ・ハット症例 」 などとして、治療系雑誌なんかでも
連載されていたりします。

ある意味、完治しましたという症例ばかりを載せた ” 自慢話 ” よりも

「 リスクマネージメント回避 」 として読んでいて興味深い。

最近おいらも、ヒヤリ・ハットしたので書いてみた。



題して 「 カラオケボックス貧血事件 」


それはそれは、友人とある会社に一緒にプレゼンに行った時のこと。

休みも少なく、少々お疲れ気味の友人。胃部の痛みで朝目がさめたそうだ。
心配なので鍼を頼まれた。

そこでプレゼンが終わり次第、次の目的地に向かう間に施術をしようと!
しかし、場所と時間がないのでカラオケボックスで施術。

当然何も歌わず、ジュースを頼んで治療を始めます。 (n‘∀‘)η

移動中の問診とその場の触診、どうも頚部の緊張から胃部へ影響がある感じです。


そして友人は、鍼が初めてでした。
なので、座位で貧血防止にまず足三里へ軽く刺入。

「 こんな感じね! 」 と初体験を味わって貰い、いざ頚部へ
刺入を試もうとしたら ・・・


「 ちょっと ・・・ 」 と、言って急に発汗 … あやっ! 貧血?


ゆっくりと仰向けに寝かせたが、尋常じゃなく発汗している!
胃に血液が一気に流れこんだ感覚があると思ったら急に貧血になったそうです。

冷えると後で風邪をひくので、お絞りで汗をぬぐった。

脈も若干速いが、幸いに吐き気などの気持ち悪さはまだ起こっていない。

あわてて 「 内関 」 と 「 百会 」 に刺激を加え、ひたすら回復を待った。
そのかん、次の待ち合わせ場所へ連絡を入れ時間を遅らせてもらった …

普通、貧血が起こった際 「 返し鍼に足三里 」 と習うものだが
その足三里に鍼をしたら血管迷走反応が起きてしまったよ?

ムムム …

少ない時間で功を急ぐのはリスクがあるという典型的なパターンです。

「 初めて鍼を打つ患者さんは特にきおつけよ~ 」 

自分を諌める良い経験でした。

初めて鍼を打つ患者さんは足三里に灸をすえてからが良いらしいとのことです。





ちなみに発汗が良かったのか、落ち着いたら症状が回復していた。

本当かって?
だってそのあと一緒に呑みに行ったもん!



刺鍼事故―処置と予防
劉 玉書
4916037960


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です