画期的! 似田敦の 「 中医人体構造モデル 」

似田敦の 「 中医人体構造モデル 」


以前、こちらで取り上げさせて頂いたblog 「 現代医学的鍼灸治療 」
そこで公表されている 中医人体構造モデルの解釈 が素晴らしいので紹介。

画期的、いや革命的と言ったらおおげさでしょうか?
これ以上簡潔で、合理的に中医人体モデルを説明しきった図を私は知りません。


詳しい解説はこちらを参照に! ( 初学者の方こそお勧め )




東洋医学 ( 中医学 ) の大前提とされるのが ” 臓象学説 ” や “ 陰陽論 ”
といわれる人体の生理現象の捉え方。

このシステムをもとに、疾病の予後と治療を扱うのが 東洋医学 ( 中医学 ) になると
思いますが、その複雑さや新たな概念の獲得にはめちゃくちゃ苦労する。

とにかく中途半端というか、つじつまを合わせて考えるようになるまでが
超めんどくさい。 

難しいのが好きな人には壮大なミステリー小説のような感じでしょうかね?

すこし勉強された方なら、そうした取り留めのない迷いがあると思いますが
この 「 中医人体構造モデル 」 ですっきりすると思います。

というか早くすっきりしたほうが良いです。

おいらも勉強中の身で、『 鍼灸は残るが、鍼灸師は残らない 』 と囁かれる中
つかう使わずは別として ” 大前提 ” を身につける事が、鍼灸師として
生き残ることになると思い、ブログで臓腑弁証を取り上げるようになった。

漢方薬は既にそうなっている感じがしますね。
東洋医学的観点から漢方薬を処方しないお医者様は多い!


似田先生のブログにはこんな一節がありました。


古代医師のもっていた筈の、自然を観察する姿勢はどこに行ったのだろうか?
現代においては、古代中国医師の自然観察姿勢を忘れ、古典を六法全書のように
考え疾病に対処しようとしていると …

古代消化器モデル

おいらは臓腑弁証を覚えるのに未だに四苦八苦してますが、そもそも
中医人体構造モデルを理解して成り立つ治療システムが ” 東洋医学 ” なのであって
覚えて使って説明できるレベルになったら異論も唱えられるのではと考えてきました。

なにより、こういった解釈が今までずっと出てこなかった方が “ 不思議 ” で

未熟なおいらが言うのもなんですが


実は根底では東洋医学を理解していない人がほとんじゃないの?


と思うのである。

似田先生は、ブログタイトルにあるように 「 現代医学的鍼灸治療 」 が専門。


そこから中医人体モデルが提案された事がイノベーションと思いませんか?

何十年だか何百年だかわかりませんが、今までずっと変わってこなかった
中医人体の構造モデルと解釈です!


これ、鍼灸業界や教育機関で取り上げるべきだと思います …
権限をお持ちの方が読んで下さいましたら、どなたか取り上げて頂けませんか?


「 似田敦 blog : 現代医学的鍼灸治療 」




にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です