肝風内動 ④ 陰虚動風


陰虚から虚熱が生じ、熱が上昇して風の症状を呈する。
肝陽化風に類似します。

 臨床症状


・ 手足のふるえ・ときにけいれん・あるいは痩せる
・ 皮膚の乾燥・のどや口の乾燥
・ 目がくぼむ・視力減退・動悸・目眩・耳鳴り


 考察


肝も腎も虚しているので、痩せて筋骨を栄養できない。
乾燥は、虚火で津液が枯渇し上焦を滋潤しなくなるため。
目の乾燥は肝陰不足の特徴。
虚火と心腎不交で益々、神 ( 精神 ) が安定しない。


陰虚動風


 治療原則 : 【 滋陰熄風 】


【 舌脈 】    舌紅絳・苔少~無苔 / 脈細数
【 処方穴 】   膈兪・肝兪・腎兪・三陰交・太衝・太谿・百会 / 風池・陽陵泉



実用中医学―一冊でわかる基礎から応用
実用中医学―一冊でわかる基礎から応用辰巳 洋

Amazonで詳しく見る


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です