耳鳴りに新しい治療法?

耳鳴り治療 「 脳をリブート(再起動)すると耳鳴りが解消する 」

【 脳をリブート ( 再起動 ) すると耳鳴りが解消する 】

こんな記事があった。

耳鳴りがどうしてなるか? まだ病態生理は完全に解明された訳ではなく
しかも、他人が症状を把握する方法がないため、症状に悩みながらも

病院や鍼灸院などを転々とされている方が多い。

そんな耳鳴りに、新しい治療法として紹介されていた。

原文 をグーグル翻訳で読んだので、曖昧な部分もあると思いますが
なんでも耳鳴りがする状態で迷走神経に電気刺激を加え

同時に高いピッチ ( 高周波 ) の音楽を聴かせると脳の状態が ( ※リセット ) されて
耳鳴りが解消するというのだ。

開発したのは米国テキサス大学ダラス校の研究チーム。

内耳 ampulla

船戸和弥のホームページより写真引用


一般的に耳鳴りの要因として考えられているのが、コルチ器 ( corti器 ) の
外有毛細胞の変性や振動過敏。

又はこれら要因によって音 ( 振動 ) が電気信号に変換されたものを
脳が再現 ( 補完 ) する際に、誤った情報として処理 する ( 架空の音 )為
発生するのではとされています。

今回おこなったのは耳音響放射マウスを使った実験段階で
耳鳴りの原因となっている脳の補完機能を、高周波 ( 9キロヘルツ ) の音と
迷走神経への電気的刺激で、マウスの聴覚皮質 ( 音に反応する脳の部分 ) の
状態を正常に戻すことに成功したとのこと。

数カ月以内にはヨーロッパで人体実験も始まり、数週間の治療セッションで
脳神経の回路を変更 ( 補正 ) すると書いてあった。

方法としては無線の電極装置を首の左の迷走神経に外科手術でつなげ
高音の音と共に聴覚皮質を刺激する行程を繰り返すのだそうです。

有効率などまだ定かではありませんが、もし ” ブートが確実なもの “
有効な治療法に乏しかった感音性耳鳴りに有効なら確かに朗報ですね。

ただ読んでみると、これは 迷走神経刺激法 ( VNS ) と TRT療法
( 耳鳴り再訓練療法 ) を組み合わせたもの? と思いました。

そうであれば、鍼灸治療での有効性のほうが優れているのではと思い
自分の向学と、末端の鍼灸師が書いたブログが少しでも鍼灸の普及に繋がればと
今回は耳鳴りを考察してみます。


鍼治療途中


まずは迷走神経刺激法 ( VNS ) ですが、癲癇発作に対する対症療法として
日本でも保険適応となった治療法で、これは迷走神経に刺激電極を挿入し

電気刺激をする事で大脳全体の発作抑制力を高めようとするものです。

迷走神経 は首から横行結腸の3分の1までのほとんど全ての運動神経と
“ 副交感性 ” の知覚神経で、心拍数調整、胃腸蠕動運動、発汗や発話等に関与。


つまりこの神経を刺激する事で ” 交感神経を大人しくさせようという方法 “


迷走神経刺激法をネットで検索してみると、鬱病やPTSD ( 心的外傷後ストレス障害 )
にも有効といった記事も多い。

ならばペインクリニックなどで行われる星状神経節ブロックでも
同じような効果を望めると思うし、以前、このブログ記事 上頚神経節刺鍼 で
ブロック注射がPTSDに有効と扱ったこともあります。

ついでTRT療法ですが、これは断続的な音治療とカウンセリングから
脳の最認知・学習を意図した方法で、酷く簡単に言ってしまえば
音が鳴っていても気にならない、意識しないものにしてしまおうという治療です。

不安を解消するカウンセリングが重要な要素となっている。

こうしてみてみると、交感神経系による緊張がほとんどの要因で
迷走神経刺激によるリラックス効果。 カウンセリングと音によるに再認識付けが
精神の不安解消 ( 交感神経抑制 ) となり、その要因を解消することが
効果的な耳鳴り治療といえると思う。



つまり交感神経優位の状態からくる ” 悪循環 ” をいかに断ち切るか!


また、治療法の機序がそれだけなら、わざわざ外科手術で電極を埋め込まなくても
鍼灸でことたりるのではと思った。

鍼なら星状神経節などの近傍にアプローチできるし
交感神経優位による筋緊張にも有効です。
また頚部や肩凝りを弛めれば耳深部 ( 内耳 ) や脳への血流改善も同時に行える。

それに顎関節からの影響も考慮して筋を弛める事も対処できる。

また東洋医学的解釈なら、腎虚 ( 精気不足 「 気・血の素 」・めぐらせる力の低下 ) と
捉えて治療を行うし
部分全体と総合的にもよっぽど緻密で、全体に気を配った細やかな配慮だと思うのですが ・・・。


以前 「 あんご針灸院  」 の似田先生の紹介で、患者さんからHPの相談を頂き
打ち合わせ後、治療を受けるというので一緒にお邪魔させて頂いた事があった。
その患者さんがたまたま耳鳴り難聴の治療で、見学させて貰ったことがある。


現代医学的鍼灸治療 のブログでも説明されてますが、鍼灸での治療では
最も理にかなった方法ではないかと思います。

あんご針灸院のHPをみたら患者さん向けに 「 耳鳴り治療 」 の項目が増えていた。
そこでのあらましが面白いので紹介。


【 当院の耳鳴り治療法のあらまし 】 by あんご針灸院

現代医学の常識では、耳鳴・耳鳴の原因は内耳の血流不足だとしています。
しかし、それだけに理由を求めるとなれば針灸治療方は星状神経節刺くらいしかありません。
星状神経節刺は有効なこともありますが、有効率は低いです。
そこで、当院では いろいろな角度 から施術を行い、これらを組み合わせることで
有効率の向上を図っています。


耳鳴りの鍼灸治療
   1.中耳知覚刺激

   2.あぶみ骨筋刺激

   3.顎関節症に対する治療

   4.首・肩コリの治療



いえいえ、これだけやれば充分ではないでしょうか!

しかも治療効果を2~4回で患者様自身で自覚でき、もし5回終了時点で
効果がないなら、「 針灸が無効 」 と判断して中止。

5回治療を受けても1万前後です。 TRT療法は約7万円?
ましてオペするよりよっぽど安いと思うのですが、世間一般では鍼灸が有効と
まだまだ認知されていない。

あ~、なんとも大変な業界ですね。

耳鳴りでお困りの方は是非 参考 になさってみてください。



にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

良ろしかったらクリックお願いします♪



Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

  1 comment for “耳鳴りに新しい治療法?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です