流注と交会穴 「 足陽明胃経 」



ずいぶん前に、日中韓で “ 経穴の場所がずれていると ”
騒がれた事がありました。

経穴を国際標準化する際の弊害は、付き物とは思いますが
あんまり厳密に経穴の位置にこだわった事がないので、なんとも言えません。

それよりも、もっと重要なんじゃないかと思う事がある。



流注 と 交会穴

 

経穴 ” ツボ ” は、流れの中の点に過ぎません。

どう繋がっているかのほうが、臨床には役立つのではないでしょうか?

そもそも鍼灸学校で ” 交会穴 ” や ” 経別 ” なんて
二の次というかほとんど扱われませんでした。

だが、これを知らないと、何故その ” 経絡の及んでいない部位 ” に効果があるのか
理解できない事がでてきてしまう。 というか矛盾を感じるようになる。



古典にはそういう症例も、記載されています。


例えば、足陽明経の 「 驚いて恐れ、不安となる 」 などは 
経別が心との連絡を強めている事を知らないと、意味がわかりません。

また陰経の経脈で頭に達しているのは、心経・肝経だけなのに

古典には  「 十二経脈の気血は皆顔に上がり、五官の竅へ走る 」 と
記載されているのも経別のルートがあるからです。


おいらは教科書以外の流注を初めて知った時、唖然としました。
全然足りてないじゃないのか! 何故、最初から教えないのでしょうか?


そこで、交会穴や絡脈なんかのルートを中心にした経絡図を作ってみた。

しかし、この 流注  も文献や本によっては様々で、なんだか統一
されていませんので、いまいち良くわからないルートもあります。


経絡や経穴 ” ツボ ” にこだわりのお持ちの鍼灸師さん!
間違いがあれば是非ご指南ご指摘して下さい。


足陽明胃経-流注stmach-meridian


交会穴  胃経の経穴

迎香 ( 陽明大腸経 ) ・ 睛明 ( 太陽膀胱経 ) ・人中( 督脈 ) ・ 承漿 ( 任脈 )
上関・懸釐・頷厭 ( 少陽胆経 ) ・ 神庭 ( 督脈 )
大椎 ( 督脈 ) ・ 上脘・中脘 ( 任脈 )

足陽明胃経-流注

—– 体内ルート —–
缺盆 → 胃に属し脾に絡まる。 上脘・中脘 ( 任脈 ) → 気衝で合流

—– 経別ルート —–
経脈を上がって腹腔に入り、胃に属して脾に散り、心を通って口腔に出
眼球後部と脳を繋ぐ ( 目系 ) に絡まり陽明経脈と合流。

—– 絡脈ルート —–
① 豊隆から足第3趾の外側
② 豊隆から上がって大椎で諸経の脈気と合流後、頭頂に向かい下がって咽喉に絡まる
とされるが、正確なルートは不明?

衝陽から分かれ、太陰脾経に連絡。

stmachmeridian4

ランダムに胃経から作成。
流注は 「 北京堂 」 浅野周先生の訳本を参考にしました。




にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

良ろしかったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です