経絡考 「 海流からイメージする気の流れ 」


経絡と海流


 経絡っていったい何じゃ?


鍼灸師として、あまりに言ってはならない発言 …
だって、ほんとうにわからないのですもの。 O(≧∇≦)O イエイ!!
 

《 生命活動の源 “ 気 ” 》

東洋医学では生命活動の源となるエネルギーを “  ” と称し
全身の組織にエネルギーを供給するのに、身体には経絡と呼ばれる

“ 気 の流れるルート ” があるとされています。

“  ” が順調にめぐっていれば健康で、“  ” がとどこおると
病気になるとされ、この気の流れを整えることが東洋医学では治療の基本です。


自分には見えないし、ハッキリ感じる ( 認識 ) 事もない。

今までもキム・ボンハン学説など、血管系・神経系とは別の解剖組織学的な存在だとか
経絡敏感人など、未だ物議を醸しだすことの多い経絡ですが

これといった答えはなく、いっそこのままミステリアスな方が都合が良いのではと
今では大人の都合で経絡とは付き合うようにしています。

「 都合の良い女 … いえ、都合の良い経絡です。 」


そんなロマンチックでアバンチュールな一面を持つ経絡ですが
気血の流れは昔から海や川など水の流れに例えられる事が多い。


衝脉 任脉


「 衝脈任脈皆起於胞中循背裏為経絡之海。 」

特に衝脈や任脈は 「 経絡の海 」「 十二経の海 」「 血海 」 など
海にちなんだ例えが多く、古代人がイメージしたエネルギーの流れとは
どんなものだったのか?

学業として経絡を ” 習う ” と、解剖学的な答えを求めたり
また西洋医学的な追求にしどろもどろしたくもなりますが

概念的にはおもしろい経絡です。


何年か前 「 不都合な真実 」 という映画をみて、アルゴアが一生懸命
「 海洋コンベアベルト 」 の異変をプロパガンダしていたが

海洋コンベアベルト

そこで海流はメビウスの輪のように繋がっていて、表層の暖かい湾流と
深い所を流れる冷たい深層水が還流しているとのスライドが ・・・




あまりにプレゼン上手だったので見入ってしまった映画だったが
水の中を流れる海流の動きをみて、エネルギーというか

ふと、「 経絡ってこんなイメージか 」 とピンと来た!

ちまたの鍼灸師さんはどんなイメージを持って治療に当たられてます?

鍼灸師にとって経絡とは …

「 不都合な真実ですか? それとも都合の良い真実なのでしょうか? 」




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="5002649796"
data-ad-format="auto">



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です