「 お灸女子をねらえ! 」 風邪に恋いの予感

お灸女子?


此処の所、めっきり寒くなってきたせいでしょうか

「 風邪引いたー 」 との声がちらほら。

風邪の引き始めに 「 葛根湯 」 は、有名ですけど
今年は 「 お灸女子 」 が増加中! なんて記事があった。

近所ではなにやら、早朝から呪文を 「 唱えるような声 」 が
聞こえてくる事があるのですが、あれはもしや 「 お経女子 」 なのだろうか …


という訳で、今回はお灸でモテタイ男子諸君に贈る



「 風邪とお灸の知ったか振り講座 」



まず、いきなり最難関と思われるのが 「 お灸女子 」 との出会いです。

どこに生息して、どのような特徴があるかまでは、こちらで確認できなかったが

もしかすると 「 森ガール 」 あたりと、類似性があるのかもしれませんが
チャンスを掴むのは君だ!

運良くそんな機会が訪れた際、うっかり忘れたなんて事がないようにしておこうな。



運良く出会えたら、次に重要な ” きっかけ作り ” !
 

あなたの前に現れた、もしかしたらのお灸女子。 その子が

「 ゾクゾク寒気が ・・・ 」
「 首や肩が凝って節々が痛~い。 」
「 あーだるくて筋肉痛っぽい。 」

こんな風邪の ” 初期症状 ” を訴えていたらシメたもの。 チャンス到来!

さりげなく 「 風門の灸 」 を薦めてみよう。





風門穴


これをきっかけに


「 独りじゃお灸を付けられないわ 貼ってもらえる? 」


なんて展開に ・・・


しかし焦ってはいけない。 

風邪の進行時期によっては、お灸の効果が見込めない時もあるので
くれぐれも初期症状かどうかがポイントだ。

というのも、風邪には色々なタイプがある。

葛根湯もそうですが 「 風門の灸 」 も、風寒と言って

「 寒さからくるタイプの風邪 」 に対して有効で

体が体温を上げ、免疫機能をUPさせようとする段階を補う方法です。

むやみやたらに、もう発熱して汗だらだらなんて時に薦めると
余計に酷くさせてしまう事もあるので、お灸女子のツボを掴めるかは

この鑑別診断にかかっている

お灸女子をエスコートするには大胆かつ慎重さが求められるぞ!



Q 「 どうして風門なのか? 」


これには諸説あって、東洋医学的には風邪が入ってくる所と言われています … が!

こんな説明で納得してくれる子なら、間違いなく 「 心素直なお灸女子 」

中には 「 私はそんなに安っぽいお灸女子じゃないわ! 」 と

もっと説明を求めてくる、君を試そうとするお灸女子もいるかもしれません!  

(・∀・)


そういうケースには、現代医学的な見地からの知ったか振りが役立ちます。



「 ” 体温調節の中枢に刺激を与えるのって、血液と皮膚の温度だけど ” 」
「 ” 肩とか首とかの凝りが酷いと血行も悪いでしょ! ” 」

「 ” そうなると自律神経を介した体温調節機構 ” 」
「 ” 特に視床下部の産熱中枢や延髄の発汗中枢なんかの … ” 」

「 ” 働きが鈍っちゃうかもしれないからさ、お灸の熱を浸透させて ” 」
「 ” そこに働きかけようって思うんだ! “ 」


不安な男子は、似田先生の現代鍼灸ブログに書いてある 「 カゼの鍼灸治療 」 を丸暗記せよ!


しかし!


お灸婦人?  「 だったらお灸は首で良くなくって? ヒロミ。 」


そんなお灸女子を越えた 「 お灸婦人 」 と呼ばれる逸材に出逢えたあなた!
このチャンスは絶対に逃してはなりません。

ひえー!!!!

もう鍼灸師にしか、わからない内容になってきましたが
督脈の流中について知ったか振りができれば、逆玉はもうすぐ目の前です。


督脈の流中


督脈の主幹でわかりやすく交会するのが 「 風門穴 」 というツボ。
そして督脈は 「 風府 」 から脳へ入るとされている。

現代医学的な説明を補完するには、あまりに突拍子のない話だが
経絡なんて証明の仕様がない 「 スケールの大きな話 」 だ!

そんなあなたの強引さに、お灸女子はメラメラと恋の予感 …


ここまで準備しておけば、お灸女子も悪い気はしないでしょう。



風門の灸は、よりホットな刺激に ・・・



(゚∀゚ ) 風門の灸は熱が浸透するまで続けるぞ。



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です