魚に鍼麻酔? ナイスな活用




中国の 「 鍼麻酔 」 からヒントを得て、魚の運動機能だけを麻痺させ
少ない水の中でも生き続ける 快眠活魚 の技術を開発した ト部俊郎さん。


” シビレまーす。キャー!”


お魚企画という会社を経営されています。

こんな所で、 「 鍼麻酔 」 の技術が活かされていたとは!

博学なお魚君もビックリではないでしょうか。


日本とアメリカで特許をとった技術の開発から10年、生きた魚を
手提げの容器で航空機に持込みできるまでになったそうです。

この方法なら鮮度抜群! なんとも素晴らしいアイデアじゃないですか!!







ト部さんはその特許を大手会社などに売り渡すことなく漁業者と消費者を
直接つなごうとがんばっているそうです。

失敗や挫折を繰り返しながらも、いろいろな分野の技術開発を進め
今度はマグロの快眠に挑戦しているとのこと!

夢がでっかいですね。 しかし気になるのはその手法 ・・・
どこに鍼をさすのでしょうか?

動画を探してみたのですが、見つけられませんでした。
TVで時たま再放送されているようですので、チェックしてみて下さい。

タイトルは、 「 眠る魚の大革命~夢追い人と仲間たち~ 」 です。



にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です