鍼の進化論 やばいぞ!日本の鍼灸師

鍼の道具も進化

鍼のうららの、揚子江~ ♪


うたってみましたが、別に春でもないし隅田川でもないし、懐も寒くて …
ブルブル震えながらブログを更新します。


さて、揚子江が鍼うららかなのか定かではありませんが

最近の中国鍼の動画をみていると、日本鍼灸とは随分進化の方向性が
異なってきているように思えてならない…

鍼灸師の皆さんは、こんな都市伝説をご存知ですか?

「 鍼灸は無くならないが、病院などで医師が鍼灸治療をはじめたら鍼灸師は必要ない。 」  

まことしやかなのかよく知りませんけど、そんな事を囁く私は、ますます嫌われそうな予感がします。 

0(`・ω・´)=〇

しかしこの動画をみれば、あながちでもない!


「 新型針刀- 液体拨松针 」 




小鍼刀に水針がミックスされた! 中西結合医学ならではのありきたりなアイデア
と言えばそれまでだが、医師免許ではない日本の鍼灸師さんは水針 ( 注射 ) を
行う事はできません。

まれに、 「 あらゆる病気に効く 」 という 「 臨界水 」 を注射したったという
ケースもあったようですが …

末端鍼灸師の気になる症候群 「 注射で逮捕 」 

これは、別の意味で臨界点を超えてしまったのだろう。


さて、ここからは予見ですが、もしも日本で変わった 変人 Dr が

「 小鍼刀療法 」 に着目し、各種の軟部組織損傷による後遺症に著効を
奏する事になったら、鍼灸師さんは大変かもしれない。

そうなる事がないよう、あらかじめ、「 変人 Dr 」 と予防線をはっておきます。 
 
お医者さんごめんなさいね。 O(≧∇≦)O


小鍼刀療法に関しては、北京堂さんの こちらのページが参考になります

各種の軟部組織損傷の要点を抜粋すると



損傷後遺症とは、転んだり、打ったり、筋を違えたり、挟まれたり
圧迫されたり、引っ張られたりして起こる軟部組織の閉鎖性損傷や開放性損傷
それに運動系統の病変

手術による損傷などを指し、関節が損傷され、治療や自然治癒のあとでの
機能障害、筋肉の萎縮や拘縮、怠い、脹れぼったい、痛い、痺れなど
( これより後遺症と呼ぶ ) が残ったもので

こうした後遺症の中には先人が研究して明らかにしたもの以外に、骨と肉の
癒着、筋肉と靭帯の癒着、筋肉と筋肉の癒着、筋肉と神経や血管との癒着

血管と靭帯や神経との癒着、骨と靭帯、神経、血管との癒着
筋間膜の拘縮瘢痕、腱膜間の癒着、それらの結節瘢痕などが後遺症の主要な
病理要素であり

このような癒着により複雑な症状や徴候が作り出され、しばしば単独の疾患となる。

また、こうした癒着は体内に発生するが発見されにくく、癒着や瘢痕が
局部に急性無菌性炎症をよく起こすため
癒着や瘢痕の存在は被い隠されてしまい、疾患の本質を識別することが難しくなる。



とあります。


それに、末端鍼灸師が 「 鍼のうららの、揚子江 」 の進化を動画サイトで
眺めていますと、ますます 「 経絡理論 」 など関係ない施術が

中国の動画サイトで多くなってきている気配がある!

更に気になるのが、パクルのが上手、いや基、模倣に激烈とされている中国で
おだやかで洗練された? 日本の鍼灸が全くパクられない事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・。


朴 ( パク ) さん大統領の韓国では、日本鍼灸ってどんな評価なのかも
気になるところですね。


どげんかせんといかん! 

業界や教育機関がどのような展望なのか? それすらわかりませんが

「 原発と鍼灸の資格はいらない 」

そう叫ばれないような日本の鍼灸であって貰いたいですね。


でもそんなの関係ねえ

小鍼刀を販売している サイト。 買おうかなと検討中…
日本から買えるのだろうか?

末端は強く生きていかねばなりませんから ・・・


にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
にほんブログ村

良ろしかったらクリックお願いします♪


こんなの関係ねえ gif は こちらのサイト からお借りしました。


style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="1753054595">

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です