胃熱

ツンデレ弁証論治
胸焼けや吐き気で、胃酸がこみ上げてきますでしょ。
喉は渇きませんか? 冷たいものでもどうぞ。

胃は不快ですのに、食欲があるなんてちょっと変ですよね。
さっき食べたのにすぐ空腹感が ・・・

ちょっと口臭が強いかもしれません。
歯茎から出血したり爛れたりはしませんか?

便秘がちで、おしっこは赤に近い黄色ですね。


胃中で、火熱が熾烈になった証候。

日頃から辛くて脂っこい食品を好み、熱が生じて火が起こったり、あるいは情志が
遂げられず気が鬱して火と化したりなど。
あるいは熱邪が体内を犯したなどによって起こる。


 臨床症状


・ 胃脘の焼けるような痛み、呑酸や嘈雑 ( 胸焼け )。 酷ければ食べると吐く。
・ あるいは喉が渇いて冷たいものを飲みたがり、消穀善飢 ( 食欲の異常亢進 )。
・ あるいは歯茎が腫れて痛み、爛れ・歯衂・口臭。 大便秘結・小便短赤。


 考察


胃熱証は、胃病の一般症状と熱象の合併が証を決定するポイント。

胃中で熱が盛んになると、胃腑の絡脈の気血が壅滞するので、胃袋に焼けるような
痛みがある。肝経に火が鬱し、肝気が横逆して胃を過剰に尅しても肝胃の気火が
上逆して、呑酸や嘈雑・嘔吐となり、食べた途端に吐いたりする。

胃熱が熾盛になれば、耗津灼液となるので、喉が渇いて冷たいものを飲みたがる。
熱では胃の機能が亢進するので、消穀善飢 (すぐに空腹となる) になる。

胃脈は歯茎に絡まるので、胃火が経を上がっていぶせば、気血が壅滞して歯槽が腫れ
痛み、ひどければ化膿したり爛れたりする。
血絡が傷付けられれば、血熱で妄行し歯茎から出血する。

胃中の濁気が上逆するので、口臭がある。
熱が盛んとなって津を傷付ければ、大腸が潤いを失い大便秘結 ( 便秘 )。
小便は作り出す津が不足するので、量が少なくて色が赤い。





 治療原則 : 【 清胃瀉火 】


【 舌脈 】    舌紅・苔黄~黄膩 / 脈滑数
【 処方穴 】   中脘・足三里・公孫・内庭・内関

これで脾に関する臓腑弁証はおしまい。
次は肺に取り掛かります。


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です