湿熱蘊脾 

ツンデレ弁証論治
お腹や胃にかけて不快感があり
気持悪くて食欲がありません。

おしっこが黄色く、便は下痢気味です。
手足や頭が重くだるい。

皮膚や顔色がミカンのように黄色っぽく
体が痒く感じます。

熱が出たり、下がったりと体調がすぐれませんが
汗をかいても熱が下がらないでこもった感じです。

湿熱蘊脾証は、中焦に湿熱が溜ったことで起きる証候。

湿熱の外邪を感受したり、美食や酒、乳製品ばかり食べていて徐々に湿ができて
熱が発生するなどで起きます。


 臨床症状


・ 腹部の痞悶・納呆( 食欲不振 )や嘔悪 ( 悪心 ) ・便溏( 下痢 )・尿黄
・ 肢体困重 ( 肢体が重怠い ) あるいは面目や肌膚が黄色くなり
  その色がミカンのように鮮明で皮膚が痒い。
・ あるいは身熱が出たり下がったりし、汗が出ても熱が治まらない。


 考察


湿熱蘊脾証は、脾の運化機能の障害に湿熱内阻 ( 湿熱が中焦を障害する ) が
加わっていることが診断基準。

湿熱の邪が脾胃に蘊結し、水穀の受納や運化ができず、脾胃の気の昇降が
異常になるので、脘腹痞悶・納呆・嘔悪が起きる。

脾は肌肉を管理するが、湿の性質は重くして付着するので、脾が湿に障害されると
肢体が怠くて重くなる。

湿熱が脾に溜り、湿と熱が交互に障害して下に迫る ( 湿だから下へ降りる) ので、
大便が溏泄 ( 水様便の下痢 )となり、排便してもスッキリせず、小便が短赤となる。

湿熱が脾胃に溜り、近くの肝胆を熏蒸し胆汁が正常な通路を通らずに外の肌膚に
溢れると皮膚が痒くなり、面目が黄色くなるがその色はミカンのように鮮やか。

湿が遮って熱が潜むので、熱は湿の中にあり湿熱が鬱して蒸すため、
身熱が出たり下がったりし、汗が出ても熱が退かない。

チムジルバン


韓国のサウナ。 チムジルバン は、さいこーに気持ち良い。
低温から高温まで、なんたって種類が豊富です。
二日酔いで寝てしまって死にそーになりました。 チムジルバンチョセヨ♪



 治療原則 : 【 清熱化湿 】


【 舌脈 】    舌淡紅・苔黄膩 / 脈濡数
【 処方穴 】   中脘・合谷・曲池・豊隆・陰陵泉


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です