脾不統血

ツンデレ弁証論治

便や尿に血が混じったり、歯茎から出血したり
皮膚に血が滲んだような出血痕できたりしない?

生理が過剰にきたり、不正出血することもあるわよね!

いつも疲れていて、喋るのもおっくうでしょ。
顔色も悪く食欲も無い。

そしていつも下痢気味ね。


脾不統血証は、脾気虚証に出血が伴うことが診断基準。


 臨床症状


・ 便血・尿血・肌衂 ( 血が毛穴から泌み出る ) ・歯衂 ( 血が歯茎から泌み出る )
・ あるいは女性の月経過多や崩漏など。
・ 必ず食少や便溏・神疲乏力・少気懶言・顔色が悪いなどの症状を伴う。


 考察


脾気が虧虚になって、血液を統摂 ( 制御 ) できなくなった証候。
久病による脾虚・あるいは労倦で脾を傷めたなどによって発生することが多い。

脾には血液を統摂する機能があり、脾気が虧虚になると統血できなくなって
血が脈外へ溢れてさまざまな出血が起きる。

例えば胃腸に溢れれば便血となる。膀胱に溢れれば尿血となる。
皮下に溢れれば陰斑 ( はっきりしない斑紋 ) となる。
血が毛孔から泌み出れば、肌衂になる。

脾虚のため統血できなければ、衝脈と任脈が固められないので
女性では月経過多ひどければ崩漏となる。
こうした出血の症状だけでなく、 脾気虧虚の証候も加わります。

例えば運化が健全に行われなければ、食が少なくなって便溏となる。
中気が不足すれば、神疲乏力 ( 元気がなくて力がない ) 、少気や懶言となる。
出血を繰り返せば、営血も虚し肌膚が栄養できなくなるので、顔色が悪くなる。






 治療原則 : 【 益気摂血 】


【 舌脈 】    舌淡・苔白 / 脈細弱
【 処方穴 】   膈兪・脾兪・中脘・血海・足三里・隠白



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です