肝火犯肺


肝火が上逆して肺を犯し、肺の粛降機能が低下して実熱症候が出現。


 臨床症状


・ 咳喘・痰・胸脇部灼熱痛・頭暈・目の充血・口が苦い・イライラして怒りっぽい


 考察


肝火が上逆して肺を犯し、肺の粛降機能が低下して実熱症候が出現。
痰は量が少なく黄色で粘る、咳喘は火が肺を損傷したため。

胸脇灼熱痛・頭暈・目の充血・口が苦い・怒りっぽい・イライラは肝気の鬱滞による
肝の疏泄が障害をうけるため。

肝火が長引くと肺陰虚をひきおこし、肝火が肝風を誘発すれば肝風内動を起こす。
浮腫があれば水湿の氾濫。




 治療原則 : 【 清肝瀉肺 】


【 舌脈 】    舌紅・苔薄黄~少津 / 脈弦数
【 処方穴 】   風池・天突・肺兪・尺沢・列缺・陽陵泉・豊隆・太衝


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です