心血虚

ツンデレ弁証論治

動悸や目眩。
頭がボーっとするので物忘れも日常茶飯事。
顔色は生気のない白さか、くすんだ黄色。
睡眠が浅く良く夢をみます。
便秘がち。

久病による陰血の消耗・過度の出血
脾虚による陰血の生成不足などが原因です。


 臨床症状


・ 心悸怔忡・不眠多夢・眩暈・健忘・顔色淡白~晦黄で艶ない・唇色薄い・大便乾結


 考察


血は陰に属すので、心陰や心血が不足すると心を養えなくなる。
そのため動悸して落ち着かず、心悸や怔忡。

心神が陰血に濡養されなければ心神は安寧できないので不眠多夢。
血虚では脳髄を濡養できないので眩暈や健忘。
上部を栄養できないので顔色白く艶がない。唇色淡い。





 治療原則 : 【 養血安神 】


【 舌脈 】   舌淡 / 脈細弱
【 処方穴 】  心兪・隔兪・大陵・神門・血海・足三里・三陰交




マシニスト [DVD]


にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です