心陽虚

ツンデレ弁証論治
とにかく寒がりで冷え性です。

いつも倦怠感があって、呼吸も浅いです。
動悸や息切れがしょっちゅうで、心窩部が痛むことも。

顔色に血の気が無く、ちょっと動いただけで汗が..

心気虚が長期間続くことによって、心陽の温煦作用
にまで影響したもの。


 臨床症状


・ 心悸怔忡・胸悶して動くと酷くなる・顔色淡白~晄白・自汗・気短・倦怠
・ 畏寒肢冷・心痛


 考察


気虚が陽に及び心陽を損傷すれば、肢体を温煦できないので
畏寒肢冷となる。
陽虚では寒が盛んになるので、寒で経脈が凝固し気機が鬱滞して
心陽が障害され通じなくなり、急に心痛が始まったりする。





 治療原則 : 【 温通心陽 】


【 舌脈 】   舌淡胖・苔白滑 / 脈微細・結代
【 処方穴 】  厥陰兪・心兪・命門・関元(灸)・足三里 / 内関



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


鍼灸治療基礎学 改訂増補第7版―十四経絡図譜解説
鍼灸治療基礎学 改訂増補第7版―十四経絡図譜解説代田 文誌,澤田 健

おすすめ平均5つ星のうち5.05つ星のうち5.0素晴らしい本です。
5つ星のうち5.0著者の代表作


Amazonで詳しく見る

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です