畑水没!・・・涙のつぶだけたくましく。

畑水没の危機
 
GW直前の出来事でした。 
 
早朝バイクで畑に向かうと水の流れる音と気配が・・・

この日はたまたま水汲みポンプがある道から畑へと
向かったのですが、ここらの水田もそろそろ田植えの時期です。

虫の知らせ、否、そろそろ水が入るかもと予測はしていたが
到着してみると畑が水浸しになっていました。

呆然とした。昨日まで作業していたのに、景色がまるで違いました。
 

元々水田だった処です。 

いづれは水が入る事はわかっていても
昨年の11月より開墾をはじめて、まだ年間を通じての水田事情に

不慣れというか、どこかリアリティーに欠けていたのだ。
 

畑水没の危機 畑水没の危機 畑水没の危機

一瞬、全てが終わったかもしれないと脳裏によこぎった。

わからないなりにも、土を掘り返し、土を砕いて盛った畑。
親切な方々に意見を貰い、手伝ってくれた方々もいます。

そして環境を与えてくれた事への感謝、前向きに物事を進められる
パートナーとの未来・・・。

まじで一瞬焦ったが、こういうタイミングで口ずさみたくなる歌が 

あしたのジョー 「 美しき狼達~ 」だ。

https://www.youtube.com/watch?v=USgeAEJ4t14

♪ 足を挫けば膝で這い 指を挫けば肘で這い~
♪ 涙の粒だけたくましく 傷ついてしなやかに~
     


どうのりこえるか? そこが重要ですね! 

まだまだ燃え尽きちゃいませんけど、何かをはじめる時って
はなから物事巧くいく時もあれば、そうでない事も多々あります。

初めての事なんだから、学ぶしかない!
  
まして自然が相手だし、自分は何をたわけたイメージを抱いていたのか・・・・
 

例えばこれが治療の世界であったならば、まだ技術もなく
知恵もない初学者であって、淡い期待を抱きながらも
現実とのギャップを感じる時期だろうし、ひたすら学ぶ事しかない。

そして、自然も人間の身体も、施工者がコントロールしようと
おもうとなかなか思い通りには行かないし、むしろ医学の弊害っていうのは

そんな処にあるとも思うのですが、自然にできるだけ任せつつも
身勝手な答えを得たいと思うのが、農業だったり

東洋医学だったり、人間のエゴだったりするのかなと
随分前から思うようになりました。

でも、何か新しいチャレンジっていうのはそういう淡い期待が楽しかったりもします。
 
たしかに開墾作業を振り返れば、準備が行き届いていなかったと
言えばその通りなのですが、僕が水田のスケジュールまで気を張れなかったのは
まさにリアリティーが欠けるからで

今の時代、ネット検索で色々調べられますけれど
本人がその段階に至っていなければ、何の役にも立ちませんね。
 

そして今回思ったのが、切羽詰った状況というのは
自分の頭で考え行動する良い機会だなと!

忙しい・・・時間がないとか関係なく、滅茶苦茶頭が働くようになる。 

答えのわからない状況で、我武者羅にもがく事の大切さ。
 

行動を起こせば何が問題なのかすぐ明確になるし、改善作を
検討するならネットの知恵も役立つだろうしです。

でも一番大切なのは、その時浮かんだ自分なりのアイデアや
出来ない事はできないと思うわりきりなのかも。 

そして、トライ&エラー → 結果。

きっとそれが経験なんだと思います。

♪ 涙の粒だけたくましく 傷ついてしなやかに~
    

なんて一番の歌詞がありましたけど、僕がもっと好きなのは二番の歌詞。
 

♪ あいつには涙も見せられる。
♪ 時に厳しく見つめ合い 時に優しくいたわって

♪ 同じ夢を追い 北風に立ち向かう~

あいつには涙も見せられる 孤独な背を向けても包んでくれる。

 
僕はめんどくさいのが最近嫌いなので、スタンドアローンがとても好きなのですが
自分が困った時に、あの人も頑張っているな!と思える存在や人付きあいがあると 

とても心地よいです。 

だから僕も頑張ろうって思えるのかもしれないナ。

Pocket

The following two tabs change content below.

最新記事 by MOON CHIP FARM (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です