飢饉 Now

飢饉now  

無農薬で育った野菜が食べられるって事が凄い事なんだなと
最近ますます思うようになりました。

というのも、屋上菜園にてはじめたチジミ小松菜の栽培に失敗し
肥料の大切さを痛感したし、また防虫対策の必要性も思い知らされたのですが

ちょっと前に植えた 「 」 は、この有り様だった。


蕪栽培の失敗

そして、芽キャベツなんて喰われ放題。
 

そもそも手短に野菜など収穫できたら良いなと軽い気持ちで屋上菜園をはじめましたが
食べる事ができたのは、間引きしたスプラウト位・・・


もしも、この菜園で収穫を期待している家族がいるとすれば
この菜園は 「 飢饉 」と呼べる状況ですよ!

 
「 蕪 」 には、発芽直後に防虫ネットを張って
おきましたが、この長雨ばかりでは太陽をほとんど浴びてません。



人間も太陽(紫外線)を浴びないと、ビタミンD前駆体が合成されないので
歯や骨密度を充足できなくなる「 骨粗鬆症」 のようなビタミンD欠乏症になると
言われていますけど、植物には太陽光が欠かせませんね!
 

だから育ちが悪かったのか? それとも又しても栄養不足なのか? わかりませんけど

土壌の ph を測ると、5.5 … ちょっと酸性に偏っていました。
 

生ごみを活用した土壌作りは、まだまだ時間が必要ですし
米ぬか肥料も、まだ微妙に発酵途中で熟成にはもうすこし …

無農薬で菜園をしてみたいと、気楽な発想ではじめてみましたが
環境を整えるって事は、それなりに準備も大変なのだと

思う事が多いです。


今日は久方ぶりの晴天ですので、ネットを外し存分に光合成をして貰いたいなと思います。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="9963288578">

Pocket

The following two tabs change content below.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です