野口晴哉の究極と、至高のフェルデンクライス その1

野口晴哉の究極と、至高のフェルデンクライス


おいしんぼの料理対決みたいですが、いささかマニアックな内容となります。

いったい何が究極で至高なの ・・・?

整体やボディワークに関心のある方でしたら、「 野口晴哉 」 さんや
「 モシェ・フェルデンクライス 」 の名を聞いた事があるのではないでしょうか?

フェルデンクライスメソッドは

「 30秒で首がほぐれて、しなやかになる体操 」 として youtube で一時、話題になっていました。





動画のように背骨を動かしてみると、その効果はすぐに実感できると思います。

私は、セミナーや直接指導を受けたわけではありませんから
推測にとどめますが、フェルデンクライスには
体の連動を呼び覚ます ” メソッド ( 方法 ) ” がみてとれます。

通常は、頭部 ( 目線 ) と連動する身体の動きですが
その手順を変えるだけで、背骨を動かすリズムが変わります。


フェルデンクライス


これによって普段意識できない 「 筋紡錘 」 の働きを賦活するのだろう。


動画の通りにやってみれば、今までこんな動きはしたことないな~と
違和感を感じるはず!


その ” 気づき ” が 「 身体感覚 」 を呼び覚まし、いつもと違った
神経回路を刺激して、症状などを改善するとある。



フェルデンクライスさんの経歴は
物理学博士で機械工学系の技術者という肩書きだそうで

数多くの体操を考案したそうです。

この人自身が心身を回復せしめる ” 身体感覚 ” を
いつどのように獲得したのか? 気になりましたが

随分前に本を読んだのだけど、それらしき事は書いてあった覚えがない。

フェルデンクライス・メソッドWALKING―簡単な動きをとおした神経回路のチューニング

フェルデンクライス・メソッドWALKING―簡単な動きをとおした神経回路のチューニング


正月明けで、ちょっと真面目に書いてみようと意気込んでいますけど
年々、物忘れが進んでいるのかもしれませんね ・・・。


「 治療とは、自然治癒力の賦活。 」 たしかヒポクラテスだったか?


また、人間本来の力を引き出し健康に導く行為が
東洋医学の本質のように扱われますが、その意味である

“ 本来の力 ” とは何であろうか?


潜在能力とも解釈できると思います。


この本質に、真っ向から取り組んだのが野口整体創始者
野口晴哉さんではないだろうか?

先日、著書 「 風声名語 」 を読み返していたら興味深い一節がありました。


なんと! フェルデンクライス博士とのやりとりが!

面識があったことにビックリですが、そこにはこんなエピソードが …

フェルデンクライスは、病気を治し健康を獲得する為に
1700余りの体操を作ったそうだが、それでも足りないと言う。

「 あなたはどれ位つくられたか? 」 と訊かれたと ・・・

それに対し、野口晴哉は オンリイ・ワン

「 生命の為の体操は一つで良い 」 と答えたそうです。


活元運動 の事を言っているのですが、何のこっちゃ?と
思われている方もいるでしょう。


活元運動は自覚的な体験が無いと、なかなか理解できない事象ですし
気功の分野では自発功と呼ばれていたり、古くは霊動としてちょっとオカルトチックに扱われていたりする。

だから不思議系と勘違いされたら嫌だなと思って
このネタを扱うにはちょっとためらいがありますた。


続きはWEBで! と言いたい所ですが、はなからWEBですし
WEBだからこそ、色々と知っている方に見てもらえるかもしれない。

まさかと思って探してみたら、動画があった。







ねっ!  異様な感じでしょ。

ただ、おいら的に、もしかすると、もしかして、ひょっとして
これって医療のパンドラの箱なのではと、大真面目に

この事象にスポットを当ててみたい。

次回、活元運動に踏み込みます。



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

  1 comment for “野口晴哉の究極と、至高のフェルデンクライス その1

  1. 通りすがり
    2014年3月4日 at 2:26 PM

    究極と至高が逆のがしっくりくるような気が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です