最強のラドン温泉 「 池田ラジウム鉱泉 」




日本は言わずと知れた温泉列島
全国にその効能を轟かす名湯がある。


難病が治る事で有名な秋田の 「 玉川温泉 」 などだ。

その強酸性の泉質 ( Ph1.2 ) はなんと胃酸にも匹敵し
また現地だけから採掘される北投石には微弱な放射線を発するラドンが含まれ
それが人体へなにかしらの影響を及ぼすと話題になり、医者から見離された
癌患者さんなどが湯治にくることで有名です。

強酸性の湯に浸かると、体表に湿疹や赤みが浮かび上がることもあり
その場所から病んでいる部分がわかったりもするそうです。

おいらの場合は、おちんちんが焼けるように熱かった。

この微弱な放射線による効果を 「 ホルミシス 」 と言い、通常人体に対し有害な
放射線でも微量ならば逆に良い作用をもたらす効能です。 

まだ確立された理論ではないが、玉川温泉などの難病完治の例をみると
あながちでもないと思う。

しかし、今回の話題は最強のラドン鉱泉!
島根県にとんでもない所がある。 池田ラジウム鉱泉  ( 島根県 )だ。




昔旅行ついでに偶然知った。 ここの8号泉がはんぱじゃない!

なんと放射線量が


6640 マッヘ


あるサイトで調べた 【 日本有数のラドン含有泉

> 猿が城温泉  ( 鹿児島県 )     711 マッヘ
> 湯の島ローソク温泉 ( 岐阜県 )   556 マッヘ
> 五頭温泉郷 村杉温泉 ( 新潟県 ) 204 マッヘ

あの玉川温泉 ( 秋田県 ) ですら 0.76 マッヘです。

桁が一桁違うぞ! これ被爆するレベルじゃなかろうか・・・


池田ラジウムにはいくつか源泉があり、その中でも最強なのが8号泉。
入浴後には異様に体が発熱してしていた。

是非また行ってみたいが ・・・ 東京からは遠い。

興味本位で大量の放射線を浴びてみたい方はお勧めしマッヘ。



大きな地図で見る

穴場なのであまり有名になっても困るな!




にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

  4 comments for “最強のラドン温泉 「 池田ラジウム鉱泉 」

  1. ホルミシス効果
    2011年11月12日 at 12:20 PM

    1890年〜 放射線研究黎明期
    レントゲンがX線発見、後、ベクレルがウラン化合物から放射線が出ている事を発見
    キュリー夫人はトリウムからも放射線が出ている事を発見発表。物理学も論理的研究の時代
    その前後から顕著な健康障害が出始める。

    1927年 マラー博士がショウジョウバエを使って放射能の影響について研究発表。
    放射線は一ミリたりとも浴びてはいけない。
    子々孫々影響を受けると、ショウジョウバエの遺伝研究を元に発表。ノーベル賞。
    この説をLNT学説といい亡霊として現在も残る。(後にショウジョウバエの成体は遺伝子レベルで自己修復をしない、やられっぱなしの数少ない生命体である事が判明)

    1945年 広島長崎に原爆落とされる

    この間にDNA の構造解明 

    1954年 ICRP(国際放射線防護委員会)勧告「可能な限り最低のレベルに」

    この間に
    生物のDNAは例へ放射線にやられても自己修復する事を発見

    1984年 ラッキー博士によるアポロ宇宙船乗組員の宇宙での栄養被曝調査。
    放射線はある値までは健康増進になると発表、ホルミシス効果と命名

    1985年  第一回オークランド会議開かれる。 ラッキー博士の論文を日本の服部禎男博士が真偽を巡り米国の専門家に質問、これがきっかけで専門家が世界中から百数十名参加。結果はラッキー博士の論文が圧倒的多数により承認

    1989年 「放射線ホルミシス研究委員会発足」世界中から衝撃的なデータ収集

    1994年 ワシントン会議 ホルミシスの成果を発表世界に衝撃を与える

    1996年 ポリコーブとファイネンデーゲンが、DNAの修復論文を発表

    1997年  セビリア会議 マラー学説を基とするICRPに科学者が問題提起

    1999年 ブリッジ会議 政治の世界と科学の世界の間の意思疎通をはかるもICRPは、「五十年前のマラー仮説は誤りがあるが、いろいろな本教科書に載っているのでいまさら変えられない」と主張
    現在に至る。

    2001年 ダブリン宣言 チュビアーナ博士、「自然放射能の10万倍以下では癌にならない」

    2005年 「国際ホルミシス学会」発足
    服部禎夫博士、バンガード賞(ホルミシス概念を世界に広め認知させた)受賞

    2006年 ヴィレンチック博士論文発表
    「自然放射能の300万倍までDNA自己修復可能」

    いつの間にか放射能怖いが主流となっているが、実は確実に人を死に至らしめるものがあり、それは活性酸素と呼ばれる。これがDNAを破壊する、それを自己修復しても仕切れずやり残しの傷跡が皮膚に残る。これが皺であり、この蓄積を老化と呼ぶ。激しい運動、例えばオリンピックの柔道で優勝戦まで行く選手に、発生する活性酸素をシーベルト換算するとDNAは致死に至る破壊を受けるが、人体の自己修復機能のおかげで死なずにすんでいる。

     反対にマウスに数分間250ミリシーベルトの放射線をあてるとなんと、人年齢65歳相等の
    マウスは、SOD(細胞のミトコンドリア内に存在する酵素)、GPX(活性酸素消去酵素の一つであるグルタチオンパーオキシダーゼ) が飛躍的に増えて細胞膜、角膜の透過性が上がり、人年齢6歳と同じレベルになった。
    他に、がん抑制遺伝子、p51の活性化、免疫系の活性、LDLコレステロールの減少、各種ホルモンの増加など害があるどころか、活性酸素と対抗する強力な味方が閾値内放射線と言う事が出来る。

    • 2011年11月12日 at 5:04 PM

      懇切丁寧にわかりやすい説明ありがとうございます!
      調べてみます。

  2. きっちょむ
    2012年10月29日 at 6:52 AM

    こんにちは
    予てより、福島原発ごときでびくびくするなぁ! と遠く関西で遠吠えしても
    安全圏にいて何言う問屋と問屋だけにこき卸ろす輩がいて、行ってきましたよ
    池田鉱泉。

    まず三号泉は旅館玄関前の小高い場所のみずたまり、お風呂は締め切って
    湿度70%くらいにして沸かして水蒸気に着いたガスをたっぷり吸いました。
    としよりマウスやうさぎの細胞膜の透過性の高めたという八号泉は
    隣の老人ホームと旅館の角部屋の間くらいの道路直下斜面の岩洞の奥

    詰めたら四人がしゃがんで入れる位の大きさ。
    ロシア製γ線の線量計がぴーぴーぴーぴー鳴りっぱなし。

    住んでいる京都の家では0.05μSv/h計測してましたが、ここの洞ではその百倍近い
    5μSvでした。

    これを汲んでまず飲み、加湿吸引機に入れ蒸気を発生させ、二十分位、鼻先で直接吸引を
    繰り返す。
    飲むことでα線で体内被曝、洞内でしゃがむことでγ線による外部被曝。 う〜む!! 完曝!
     
    8号泉はちょっとわかりにくいけれど、角の部屋から歩いて30秒の敷地内斜面の下。福島原発事故直後の飯舘村と同値位でした。
    下半身が元気になったぞ、翌朝。三泊四日の逗留でした。

    被曝すると大体髪が抜け始めると言いますが、いまだふさふさ。
    ビール飲んで酒飲んで焼酎飲んでワイン飲んでラドン水飲みたおした三日でした。

    環境が気に入ってこれから行き続けると思います。
    それにしてもガイガーカウンターなりやまずは凄かった。 放射能絶対悪と信じている輩は
    恐怖で絶対おしっこ、事によるとうんこちびるでしょう。
    日本製とロシア製の2台で計測した。 みなさーん、なーんともありませんよ。

    因みに一年間ここにずっと居たとしての被曝値 5μSV X24X365=43801μSv
    と言っても、μ(マイクロ)は日本の単位分厘毛…で行くと「微(び)」です。
    10の−6乗てことですから、ラッキーさんの言う年間500ミリsvには遠く及びません。


    一つの発見  ドイツの甘口ワインや、蕎麦粉百パーセントの手打ち蕎麦を食った翌日の
    お疾呼はワインの香り、蕎麦の香りがします。 今回ラドン風呂の臭いがしました。
    体はしっかり排泄している。明日起きたら二・三歳になっているかもしれん。

    • 2012年10月29日 at 5:30 PM

      うわー きっちょむさん! 詳細なレポートありがとうございます。
      なんせ日本はメルトダウンしてレベル7のはずなのに、はっきりと
      何人も被爆する者がいない変な国です。 あー 完曝! だなんて羨ましい。

      でも、二・三歳とは若返り過ぎです。 \(^o^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です