死体はこうして作られる

Plastination

「 人体の不思議展 」 で一躍有名となった プラスティネーション

解剖学者 ( グンター・フォン・ハーゲンス ) さんにより考案された技法で

医療従事者向けの解剖学セミナーや勉強会など
こうしたリアルな標本を使って、じっくり 観察することができるようになりました。

どこかの大学か団体が購入したものを勉強会でみせて頂いた事が
ありましたが、値段がめちゃくちゃ高いと言ってた。

ふだん本物に接する機会もなく、内部を詳しく知りたいと
思ってる人には ” ありがたい技術 ” だとは思うのですが ・・・


どこから死体が提供されているのか? という事、展示会で
中国人の死体を晒したとの事から、人権問題的に騒がれた事がある。



これらプラスティネーションによる解剖標本には、 本物の遺体が
使われていますが、その死体は主に中国大連の

ハーゲンス生物プラスティネーション社で保管、管理されているのだそうです。

Dr.ハーゲンスさんといえば人体解剖マニュアルが有名。




この映像は、人体展に展示されている中国人の死体の出所 が世界的に
怪しまれ出し、2006年ニューヨークタイムズのデビッド・バーボザ記者が
プラスティネーション社で行った取材のビデオだそうです。






どうやら、近年日本で開催されている  「 人体の不思議展 」 は
Dr.ハーゲンスの 「 プラスティネーション協会 」 とは全く別の団体らしい。

こちらは模倣産業らしく、プラスティネーション技術においても 

プラストミック 」 と主張しているようで、主に中国で提供された死体を
検体としているのが特徴。

中国政府の外貨獲得手段として利用されているのでは?
なんて憶測もあるようです。

しかしDr.ハーゲンスは何でいつもこの帽子なんだろうか?
謎は深まるばかりです。

グンター・フォン・ハーゲンス





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="5002649796"
data-ad-format="auto">



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です