東洋医学と鍼灸 第3の視点 1



副題は、「 鍼治療でペチャンコな猫ちゃんが可愛いすぎ! 」

自分でも良くわからない展開が予想されます。

ペットフードの残りが気になってたから
こんなタイトルになってしまったのだろうか ・・・


鍼治療にペチャンコ猫たん

それにしても愛らしい、ぺちゃんこな姿ですね。
原文を訳したら、皮膚アレルギーで鍼治療を受けている
猫ちゃんだそうです。

ちょっとリラックスしていそうな気も ・・・ 
なんでこんなにおりこうさんなの?




うちの猫たんとはえらく違う …
まえに中国鍼刺してみたら、すっごく嫌がられたよ。


額に Mって書いてあったから、みーたん


鍼灸師ならまだしもの、下手をすれば動物虐待になってしまいますし
日本では獣医さんが鍼灸の資格を取得した上で、治療を行っているようです。

あー 肉球プニプニいじりたい!

そう思った時には、近くにいなかったりするのが 「 猫ちぽの習性 」。
そこでおいらは肉球ストラップを愛用中。





プニプニし過ぎて、今ではすっかり野良猫仕様に。 
人間からは不潔な目でみられます。


野良猫ストラップとゾンビのカズオ君


となりがゾンビのかずお君と、エガちゃん。

どちらもキモキャラでハゲかかってる~!

予想通り、自分でも良くわからない展開となってしまいました。


モフモフ療法 推進派のおいらとしては、獣医さんが
鍼灸や東洋医学をどう認識しているのか気になってきました。

ちょっと調べてみるので、次回に続きます ・・・ モフモフ。



にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪


Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です