医療業界にも広告モデル




これは画期的なサービスだ。

あらゆるサービスに広告を付け、無料で提供するビジネスモデル。
代表的なのがGoogleです。 それと似たようなビジネスモデルを取り入れた
札幌の歯科医院が波紋を呼んでいる・・・

http://www.asahi.com/national/update/0106/TKY200901060321.html

asahi.com(朝日新聞社):NPOのアンケート回答→無料診察 札幌の歯科医院波紋 – 社会



このNPO法人は 「 CMケア機構 」。 医療関連のセーフティーネットを構築
することを目的に05年に設立された。
歯科診療の自己負担金をゼロにするためには、まず、同社の会員となり

アンケートに答えることが必要

入会費も会費も無料だが、年収が520万円以下で健康保険証を持っている
ことが条件とされる。このアンケートに答えることで  「 報酬金 」  が発生し
それを治療費に還元する仕組みらしい。

報酬金 はどこから出ているかというと、発行する広報誌の広告収入や
提携先の歯科医院から得られる紹介料的な収入などだそうです。

ただ、この場合は違法となる可能性があるそうです。
健康保険法では 「 診察料の割引で患者を集める 」 のは違法であり
更に歯科とNPO法人が同一団体であった場合は違法になる。

しかし角度を変えてみれば、お金の出所 ( スポンサー ) さえ別であれば
違法にはならず、医療業界にとって新たなビジネスモデルになるかもしれない

スポンサー・医療機関・患者様ともに恩恵が受けれるサービス
なにか新しいアイデアはないものだろうか ・・・?




小さな会社のブランド戦略

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村

良かったらクリックお願いします♪

Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です