柔道整復師に英会話って必要?



柔道整復や鍼灸など、専門学校に組み込まれている 「 一般教養 」 という科目。

つい先日、学校に通う生徒さんが 「 明日はテスト 」 と言いながら
一生懸命 「 英会話 」 を覚えていました。

なにやら患者さんと施術者との間で、やりとりをする英会話なのだそうで
それを丸暗記するというのです。


なんか意味があるのこれ??

どこで役立つの?


高い授業料を貰って、貴重な時間をさかせて
まだのうのうとこんなに役立たない事を教えている状況なんですね。 学校って。

誰の為の授業なのか?
はたから見れば教員のお給料のためにしか見えないけど ・・・

仕方のない事かもしれませんが、こういう事に学生さんがもっと意識を
向けないと貴重な時間とお金の無駄。





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6490486945183123"
data-ad-slot="5002649796"
data-ad-format="auto">



Pocket

The following two tabs change content below.

masa @ UNITElabo

acupuncture,designUNITE
ゾンビが好きな末端鍼灸師。 twitter ,google+ も宜しく! RSS配信 はこちら。

最新記事 by masa @ UNITElabo (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です